カテゴリー: オクノトDIARY

ゆたかに暮らす

そして最近のわたしはというと、人生でもっとも早寝早起きな日々を過ごしています。

イスラエルでもクロアチアでも、京都でもNYでも、つまりこれまでの人生ほぼほぼ超夜型で、ベッドに入るのが午前2時3時なんて当たり前。下手すると仕事で徹夜も平気だった。

でも最近は5時!に、起きます。朝の、ですよ。寝るのは9時か10時。ええ、夜の、ですよ。おかげで体調は、良いですな。わー、田舎暮らしばんざーーーい。

で、よく、尋ねられる。なぜ日本で田舎暮らし?しかもなぜに能登?

それは、話をさかのぼって2008年。もう10年以上前、先進国で近代的なイスラエルから引っ越したのは、質素で素朴な東欧のクロアチア。そこでの日々の暮らしはイスラエル以上に自然との距離が近かった。

USJなどのテーマパークなど人工的な娯楽がないクロアチアでは、休みにはアドリア海で遊んだり山へハイキングに出かけたり、シンプルにベーシックに楽しかった。日々の食卓も、春には春の夏には夏の旬の野菜やフルーツが市場に並び、その時にだけあるものを美味しく食べる。だから、真冬に苺のショートケーキなんて、ない。だって、苺の季節じゃないんだもの。苺なんてないんだもの。でも、それはそれでよかった。春になって苺との再会を楽しみに待っていられたから。春の能登町で熟すのを待ちわびる赤崎いちごのように。

数年前、そんな外国暮らしから京都暮らしに戻り、でも良くも悪くも街の暮らしは人工的で。そこのどこかにずっと違和感があった。そうして思い切って街を出て、暖かい風に吹かれてたどり着いたところが能登だった。

家からは海が見え、風を感じ、空気を感じ、プラネタリウムのような星空が輝く。借りている畑に朝早く、野菜や花の手入れに行く。たくさん採れたらおすそ分けし、そのお返しにとまた頂き物をする。そうして人と自然とに「ありがとう」と思う。自分のちっぽけさを思う。

そしてここではコンビニやスーパーへは車がなければ行かれないし、それでも街のようになんでもいつでも手に入るわけでもなくて。でも、それはそれでいい。まるでかつてのクロアチアやイスラエルでの暮らしのようで。

人はほんのチョット、チョットだけ不便な方がいい。そうして考え、工夫し、感謝して、ゆたかな暮らしができてゆく。「ゆたかさ」と「物」は決してイコールではなくて。そんな思いで能登での日々の暮らしを大切にしています。

広告
カテゴリー: オクノトDIARY

once again דער מענטש טראַכט און גאָט לאַכט

ユダヤの言語、イディッシュ語の古い諺(ことわざ)に

דער מענטש טראַכט און גאָט לאַכט
(Der mentsh trakht un Got lakht)

というのがあります。

そのまま訳せば「人は計画し、神は笑う」。神との契約の民であるユダヤの諺なので「神」という言葉の存在が大きすぎて、なんだかわかるようなわからないよな。まあ、サクッと言えば「人生なんて思い通りになんて、ならない」。

わたしの人生も然り。思い通りになんてなるはずがなくて。むしろそうならないのが人生なのかと。それでも懲りずに、あーだこーだ、ああしよう、こうしよう、と生きているあいだ中、色々考えたり計画したりして過ごしてきました。で、えーーーっ!なんでやねん!みたいなことが起きて、ああ、やっぱりそう来たか。また神サマにしてやられたなと。人間の考えなんて本当にちっぽけで、自分ではどうにもならないような、もっともっと大きな何かが存在しているんではないかと思ったり。

まあ、そんなことを思いながら、能登生活も3年と半分になりました。海はいつも変わらず穏やかで美しく、のんびりゆったりした時間の中で過ごしています。と言いたいところですが、相変わらず神サマはいつも、チョッとだけイジワルで。次はどこにたどり着くのやら。

カテゴリー: オクノトDIARY

CGじゃないのよ。

img_2722

あっという間に、2019年。こんな星空と海の町に暮らしはじめて、丸2年が過ぎました。

石川県の能登半島、その奥の奥、陸の孤島、奥能登。

のんびりと、ほとんど余生を楽しもうというつもりで奥能登に来たのに、光陰矢の如し、・・・学なり難し。またしても、ユダヤのことわざ「人は計画し、神はそれを笑い飛ばす」で、本当に目まぐるしく日々が過ぎて行きます。

きっと、

「休みたい?のんびりしたい?なにいうとんねん。ぷっ!」

ってな感じなんでしょうね。人生思うようになんて、いや、そういかないのが人生。だから面白い、と思うしかない。笑。

2019年の、

細やかなる変化①
ブログを書くこと。笑。ドイツに住むお友達に、もう書かないのかと問われ、そうやなあ、また書いてみるか、と思った次第。意外と単純。笑。

細やかなる変化②
オンとオフ。仕事と休みをちゃんと区別すること。家での仕事だとどうしても24時間、いつでも仕事、みたいになるので、今年はそうないように。そうしたらブログも書ける。

細やかなる変化③
もっともっとやりたいことをする。これがなかなか、できそうでできない。笑。でもやる!

そんなところかな。あとは写真を撮る!こんなふうに星空もいいね。

カテゴリー: オクノトDIARY

秋から冬へ。

IMG_3452.jpg

そしてまたまた、あっという間に秋も深まって、すっかり冬支度の奥能登です。一週間ほど前にこの岩の周辺の潮の流れが不思議な感じで、それが2日ほど続いた後には海水が引いて、冬の海になりました。自然ってすごい。

カテゴリー: オクノトDIARY

あ。

というまに、夏が駆け抜けて、初秋の奥能登です。海は相変わらず碧く澄んで、こんな日常環境って贅沢だなあ。と、この海辺の町に引っ越してきてからずっと言っていることをまだ言い続けているワケで。

そして奥能登の夏はBBQ。生まれてこのかたこんなにBBQをしたこと、ない。クロアチアや京都ではまったくありえなかったし、イスラエルでもせいぜい建国記念日あたり、一年に一回するかしないかだった。

なのに、奥能登のこの町の夏はお祭りを皮切りに、毎週末のようにみんなせっせと自宅のガレージなんかで家族団欒、友人同士、和気藹々、とりあえずチャンスさえあればBBQ。野菜もうまいし鮮魚もいろんな意味でハンパない。

などなど、気がつけば、穏やかに、でもあっという間に秋なんです、きのこの季節到来です。

カテゴリー: オクノトDIARY

notonoカフェで。

img_1886

奥能登は自然の宝庫。

四季折々、美しい自然と美味しい食材が、ほんと、食べきれないほど豊か。旬のものをその時その時に食す。そんなあたりまえがここにはある。イスラエルでもクロアチアでも、そんなあたりまえの生活がずっと好きだった。それがある能登って、単純にいいなあ。

最近のハマリもの。夏の能登の一押しフルーツ、柳田のブルーベリー。能登の食産品の1つで、大粒でちょっと大味だけど、凍らすとおいしい。そして柳田植物園の前にあるnotonoカフェのブルーベリーパフェ。シーズンに入ってから、もう4回ほど食べたかな? だって、みんな行きたいっていうから。いつ食べても美味しい。