カテゴリー: オクノトDIARY

宝箱

q1mnh0sqraurly8eozlqcg_thumb_3afc

黄金に輝く美味しい米飴に出会いました。

500年の伝統を守り続けているというおばあちゃんが作る米飴。奥能登の松波という小さな町の小さな商店でおばあちゃんのさじ加減を頼りに作られています。このラベルも懐かしくていい感じ。ツボ。奥能登は宝箱みたいだ。知れば知るほど、まだまだたくさんキラキラしたものがあるのです。

だけど、地方の町はどこもその担い手不足が深刻。このままではあと数年後には失くなってしまいそうな、そうなってからでは遅いこと・ものが沢山あって、宮崎県の某知事さんではないけれど、つくづく奥能登をどげんかせんといかん!と思ってしまうのでした。

zx1ngjdzrvetowmjk78vha_thumb_3d75

ちなみに今日2月22日はにゃんにゃんで猫の日。うちのお猫様といえば、京都ではあまり興味がなさそうだったお魚をいろいろ食べたり海藻をつまんだり、猫にとっても自然なカタチに戻ってきたようで良かったなあと。甘いものも興味がなかったはずなのに、指先についたこの米飴もペロペロ。やっぱりね〜、猫ってグルメだもんなあ。人間よりもちゃんと本当に美味しいものを知っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中