カテゴリー: オクノトDIARY, 月と太陽の傾き

昨日の海と雪の中のわかめ採り

unadjustednonraw_thumb_434a

昨日の海はとっても干潮で、もう少しで岩まで渡れそうででも渡れませんでした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4352.jpg

U師匠の話だと早朝だと渡れるらしいですが、漁師さんの言う早朝って何時だ???4時とか5時?みたいな。

unadjustednonraw_thumb_4348

海の外に出ちゃったいつもの海の中の世界。

unadjustednonraw_thumb_4349

unadjustednonraw_thumb_4356

unadjustednonraw_thumb_434e

なんてことをしているうちに振り向けばあっちは吹雪。やばっ、こっちにも雪が向かってる。さみーーーっ!

家に戻るところで師匠が外のシンクでお魚を洗っていたので、今しがた採ってきたアオサを見せると干潮の時はダメなんですよとのアドバイスを。水が増えて海の中をふわふわ揺れているところを採るんですよと教えてもらった。

unadjustednonraw_thumb_4358

「で、こっちにワカメありますよ!採ってあげます!」の一言で急遽雪の中を二人で海に入ってワカメ採り。いやいや、私は採り方を見てただけですが。でもね、京都でもどこでも街暮らしの時は雨も雪もぜんぜん好きではなくて、どーやったら濡れずに済むかがポイントだったのに、海だったらなんにも気にならない。海の水の冷たさで上から降ってくるのなんてどーでもいいというか。ただただ楽しすぎて気にならない。あ、そか、子供と同じね。でも家に帰ったらビックリするほど頭からずぶ濡れでしたが・・・。

unadjustednonraw_thumb_4359

採れたてのわかめさんとアオサとアカモク、冬の奥能登・豪華海藻3点セット。さっと湯がいてこのお酢で食べると美味しいよ!とこれまた師匠にいただいたのでした。んんーーー、いつもお世話になりっぱなし。

だけどここで暮らしてみて感じるのは、奥能登の人たちは本当に温かくて優しい。どうしてなのかなあ、なにが他とちがうのかなあと観察中なのですが、奥能登の暮らしとはこうして隣近所や友人・兄弟同士が助け合って支え合って、お互いに持ちつ持たれつで成り立つ暮らしなんだなとわかって来たところです。

unadjustednonraw_thumb_4368

そして毎度お馴染み、ぱんちゃんのワカメ採り放題。海の匂いが気になる気になる。ちょっとだけワカメもかじってみてました。ま、良いでしょう〜。にしてもはりねずみさんのような写り具合。ぷぷぷっ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中