カテゴリー: 月と太陽の傾き

初めましての味。

unadjustednonraw_thumb_308b

生まれて初めてそばがきというものを食べてみました。いつだったかテレビで観てなんて美味しそうなんだろうと。

石川県の白山市というとこあたりの道の駅だったかな。そこのお蕎麦やさんでようやく出会えました。つやつや、もちもち、ほわほわ温かくて、へ〜〜〜。思ったよりも蕎麦蕎麦してなかったわ。

さてさて。人生はまだまだ未知のことでいっぱいですね。今年ももうすぐ11月。あと2ヶ月でおしまい。動きますよ、まだまだこれからも。

 

広告
カテゴリー: 月と太陽の傾き

海を見ながら。

unadjustednonraw_thumb_2fc1

「ごめんね」と言えること。大切だなあと思うのです。故意はもちろん、でもそういうつもりではなくても相手を傷つけていることって多分、自分が思っているよりもあるんじゃないかなって。そしてきっと自分でもそれに気がついていて、実は心の中のどこかでひっかかってたりするんですよね。

きっかけ、良いタイミングで「あの時はごめんね、そんなつもりじゃなかったんだけど傷つけたかもしれない」そう言ってみるとお互いがすっきりできるんじゃないかな。

今年もヨム・キプールが終わりました。

 

 

カテゴリー: 月と太陽の傾き

日々是好日かな。

台風が去って、それまでどうしようもないくらいの蒸し暑さから、あっ!という間に秋になってしまった京都です。

最近のわたしはバタバタと細かい作業が多く、あんまり昨日のことさえ振り返る時間もなく時が過ぎていって。仕事関係は特に数日前のことすらあまり覚えてなかったりします。ヤバいです。

だけど、楽しかったことなんかはかなり細かく覚えているという脳の不思議。今月初めには、アメリカ人の友だちの家でようやくエルサレム時代のような温かい、数家族でのシャバットを楽しみました。そこから来月から毎月一度はこうしてシャバットにみんなで集まろうということになって。帰国してからどうしても京都にコミュニティをと思っていたので、これもまたようやくそういう流れになって良かったなあと。ここまでが長かったわ。

そうしてまた人生の選択を日々考えつつ。今なにか大きな不満があるわけではないけらど、やっぱりいずれは田舎に引っ越したい。海のそばの、思いっきりの田舎。街の生活は便利だけれど、そろそろ違う方向がいいな。

img_4508