カテゴリー: 心と精神の浄化

ザグレブの片隅で。

そうしてザグレブの旅が終わりました。
なんだろう、これまでの人生できっといちばん意味深い旅だったかも。

もうこれが最後かも?いや、そんなこと決めなくても・・・こころゆらゆら揺れながら、小さなザグレブ空港から市内へとタクシーの窓から眺める道は、まるでこの数年間どこにも行かずそこにいたような不思議な、だけどごくごく日常的で当たり前の風景だった。

町の中の抜け道もレストランも、お店も、どこもかしこもからだはまだちゃんと正確に、でも時々少し危うげに覚えていた。昨日の朝もその前の日の午後もその道を歩いていたかのようで、ここにいなかったことがむしろ、とっても、パラレルワールド。ドラツのそばの行きつけだったレストランのウェイターも「うわー、久しぶりじゃないか!」と笑顔で話しかけてくれる。そしていまも友達だと言ってくれた人たちの大きなハグ。イェラチッチ広場のカフェで待ち合わせた従姉夫妻と、いつもみたいにお茶の後にピッツァを食べたあとの別れ際、「ファミリーなのに。せっかく帰って来たのに。また日本に行ってしまうの?」従姉の眼からははらはらと涙がこぼれた。

毎日がそんなシーンのくり返しの中で、重いアパートのドアを開ければ、くーしとたんたん、そして銀ちゃんが「あれ〜?どこ行ってたの?今日はちょっと遅かったね〜」。眠たそうに伸びをして、お出迎え。数年の時の流れなんて、まるで知らんぷり。

一週間という短いザグレブの滞在で、この町のあちこちに今も生きている自分のカケラに出会って、これからもいつだってここは自分の町なんだって自然に受け止めてゆく自分がいた。そうメッセージで伝えた東京の友人の「そんなのあたりまえじゃないー!いつだってそこはあなたの町だよ!」。いつも元気な彼女のそんな言葉にほろり、ザグレブの片隅で涙。そうして心はすーっと晴れて。

よし、またザグレブに戻ってこよう。以前のように住むことはきっともうないだろうけれど。だけど。家族と友人たちと、そしてなによりもくーしとたんたん、銀ちゃんにいつだってまた会いに来よう。ザグレブと、そしてクロアチアとの新しい章の幕開け。

p.s. おとんおかんとのドタバタ劇、そして「ああ、やっぱりここはクロアチア!」はまた次回。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中