カテゴリー: 月と太陽の傾き

好きだったこと。

やっぱり人とワイワイするのが好きなんだな。

ザグレブという街では家々の門が固く閉ざされている。碁盤の目の大通りに古いアパートが立ち並ぶ作りもそうだし、家になかなか他人を入れないヨーロッパ文化がしっかりとそこにある。だけどエルサレムはその正反対、小径が走り、家々の門はいつも外に向けて開いていた。

わたしのエルサレムの家は、いつもオープンハウスだった。階段通りを少し左手に入った小さな静かな公園の前だった。友人たちやそのまた友人たちがいつも出入りして、家にいるときに鍵なんかかけなかった。いや、鍵といわずもドアがいつも開けっ放しで、金曜の夜なんかごはん食べたり夜中の2時3時までみんなでワイワイ、ユダヤ教の話をしたり恋のはなしになったり、boys&girls、いつも家には誰かがいたなあ。その中には初対面の人物もなん人かいたりもしたのもおもしろくて。あれはほんとうに楽しかった。なんていうか、まさに青春っていうかね。ふらっと立ち寄る場所、家がそのまま研究室&カフェみたいな。

今、ザグレブでもなくエルサレムでもない中立的な街にこうしていると、そんなワイワイさが無性に懐かしくなって、あの頃の輝きで胸がいっぱいになる。またあんなふうにしてみたいな。

カテゴリー: 月と太陽の傾き

カラスマ大学でトーク。

京都のNPOカラスマ大学の企画「青い空の下でキョウの宝探し~姉妹都市ザグレブのある美しい国クロアチアを知る」(10月29日)にて、クロアチアの生活、メンタリティーなどについてお話させていただきました。どうもありがとうございました。またこういう機会があるといいなあ。今度は関東でか?(笑)

私信:授業とパーティに参加されていた、キュートな精華大の学生さん(笑)。パーティでは話しが途切れてしまってごめんなさい!もしここを見られたらこちらからどうぞご連絡くださいー。お茶でもしましょう!