カテゴリー: 不思議のクロアチア

カレンダー後日談。

これといったまとまったシゴトでもなく、雑用雑用、猫の健康管理に明け暮れて、気がつけばあっという間に夏はもう終わりかけ。

カレンダー後日談。じゃんっ。

夏休みが開けてもデザイナーからはなんの連絡もなく、担当者すら「あ、ワタシどうなってるのか関知してません。直接デザイナーに連絡して」と来たもんだ。こんなんでなにがどう担当者なんだか。で、しょうがないのでデザイナーにメールすると「まだやってない」。おいっ、夏休み前に1日で写真よこせっていったのどこの誰やねーん。

ってことで、もー知らん。どーにでもあんたたちでやってちょーよ。ちなみにこのカレンダー、今月発売&配布ですヨ。わははははーのはっ。好きにして。振り回されるのはもうごめんっす。

広告

カレンダー後日談。” への6件のフィードバック

  1. どういうこっちゃ 冷やかしかいよ。
    一度は、写真を寄越せって言ったのに、夜が明けたら知らんってことか?
    僕も台湾の出張中に受注した夜、業者と打ち合わせしてさ、翌日に契約に行ったら社長は逃げてしまってたのよ。逃げたと思いたいくらいタイミングの良い出張。
    数日後、日本へ電話があったけど、忙しいって断ったさ。

    1. かっちゃん。

      冷やかしじゃないんですが、なんていうか・・・とってもクロアチア式。
      あれからとりあえずカタチになるところまではいったんですけどね。
      あとはもー、ほんと、知りません。(笑)

      かっちゃんの例に習って次からはこういうのは断ることにします。
      (でもそうするとここじゃやってけないかも?笑)

  2. エルサレムクロックを読んで、先月エルサレムとテルアヴィヴへ5泊7日の短旅行。
    猫と子供の多い街。パン屋のおじさんの前で行儀よく待つノラちゃんたちへと放り投げたいちごポッキーの欠片は見向きもされず、歯ぎしりする私をにやりと横目で見つつ、パン屋のオヤジの放物線は見事ノラ軍団の中心へ。インペリアルホテル前の日イ戦は完敗。「ポッキーの味もわからないなんてまだ子供だな」捨て台詞も空しく抜けるような青空に吸い込まれていった。
    来年はサマルカンドと決めていたけど、クロアチアの碧い海を読んで心が揺らぐ毎日であった。

    1. kuniさん。

      著書を読んでいただいてどうもありがとうございます。
      ポッキーのくだり、おもしろい!
      イスラエルは猫天国でもありますね。

      クロアチア、9月〜10月初旬も旅行にいい季節です。

  3. そうなんや、クロアチア式にジャパニーズな方式を持ち込んでも無理ちゅうもんなんやね。
    頭を空っぽにしてクロアチア方式を習う必要があったりして、千花ちゃんも大変なところで生きてるんやから尊敬するわ。
    言葉に習慣そこに馴染むことの難しさ。娘は子供の事や近所付き合いなど苦労してるようです。僕はシガラミが無いから気楽ですけどさ。

    1. かっちゃん。

      そうなんです、クロアチア式で行かないとだめなんですけど、
      それもまた自分としてはイヤなんです。(笑)
      郷に入ってはなんとやらとは言いますが、難しい〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中