カテゴリー: 不思議のクロアチア

またしても。

「来年のカレンダーに使うイスラエルの写真提供のお願いです」
「はい、どんな写真を何枚ぐらい?」
「えーっと、今お手持ちのものを」
「季節は?」
「季節・・・おーっ、それっていい案かもですね。全部季節ごとに12枚、できませんか?」
「アーカイヴを調べてみないとなんとも。いつまでですか?」
「明日」

今日の明日って・・・はあー。
このクロアチア流ビジネス方式、もう驚かないけど好きじゃない。
納得いくものなんてできっこないもの。
初めからそんなこと、相手は望んでないんだろうけど。

「明日じゃ無理です。せめて数日ください」
「えー、僕、明後日から3週間海に行くんですよね。なのでその前、明日で(笑)」

こうしてみんな夏休みを海で過ごすから、
会うヒト会うヒト「あなたはいつ海に行くの?えっ?行かないの?!なんで?!」
ちょっとさすがに辛くなってきたな、この会話のくり返し。
みんな、海のそばに親戚だのバカンスハウス(普通の家ですが)だのがあって、
お気軽に遊びに行けて羨ましい限り。

ワタシだって行きたいんですヨ、はい。
が、3猫いるしね、バカンスハウスなんてもってないし。
その他にもなかなか行けない事情みたいなのもあるんですヨ、はい。

背中を丸めながら、外付けHDDを起動させる。
まったくマウントしない・・・、ってか、死んでるっぽい。
CDとDVDがあるのでなんとかなりそうなものの、
すべて保存してあるわけじゃないのでどーなることやら。
ま、写真データ、失ったら失ったまでのこと。割り切るしかないよなあ。

っていうか、もうイスラエルの写真のアーカイヴが少なくて、
あっちこっちで使い回しっぽくて、
新しいカレンダー用の写真撮影ぐらい行かせてほしいかも・・・。
っていうか、勝手に自分で行ってくりゃいいって話しかも。

チョット拗ね気味の午後。

広告
カテゴリー: 心と精神の浄化

see you, Amy.

Amy Winehouseが死去。
才能あふれる彼女だったのに。

ノルウェーの事件にしろ、そのほかにしろ、
世界中のあちこちで無駄に失われる命が多くて、
とても遣る瀬ない。

カテゴリー: 不思議のクロアチア

完了。

ようやく患者登録、というか指定医登録、完了。ふー。

指定医からもらった書類を役所に持って行き、そこで受理してもらい、またそれを指定医に戻してめでたく完了。指定医からコンピュータ登録で一発!みたいにできないものか・・・←求め過ぎは危険デス。しかもお約束というかなんというか、指定医のオフィスのコンピュータがシステムダウンで出直し、二度手間。多過ぎですって、こういうの。

でもこれにて、薬代も含めて医療関係はほぼ無料となりました。やった。薬局で医師からの処方箋を見せればタダでお薬もらえるのって、なんか得した気分。診療してもらってお会計ナシもいい感じ。といっても、毎月の保険料がけっこうな額なので、それなら元取ってやろうぢゃないの!ってな感じで、気になるところはどんどん治していこう。例えば、取った方がいいほくろとかね。

今回指定医になってくれた女医さんは、回り回ったらなんと知人の元カノだったのでした。世界は狭い。あ、クロアチアは、か。