カテゴリー: 不思議のクロアチア

患者登録。

連休から週末へ。各学校も終業、これにてサマーホリディに突入した感のクロアチア。ってことはもうすぐ毎夏恒例の誰もがこぞって海辺のサマーハウスへと国民的大移動開始。すなわち、がらーんっと砂漠化する夏休みのザグレブ。サマーハウスなんぞ持たぬ3猫持ちには、ああ、今年の夏休みも遠出はかないそうもなく。うーん、きっと今年の夏も暇ぢゃの〜。

連休に海沿いの町ザダールに日帰りでもと家人と話していたが、キャンセル。実は冬の頃から左の太ももの外側にオリーブほどのシコリのようなものが出現し、それが時々ズキズキと熱をもって赤く腫れたように痛む。外科医の知人に診てもらうも「なんぢゃろ、コレ、痛みが治まったら切ってみようか」ってことで、それからかれこれ一週間以上いまだ痛みは続き、ネットで調べてみたらどうもアテローマとかいうものっぽい。一度きちんと検査してもらいたいのだが・・・、なんせ指定医がまだ決まっていない。

クロアチアの医療システム。いわゆる国民保険に加入し毎月いくらか納めるところまでは日本をはじめとする諸外国と変わらない。でもそこから先がちと異なる。まず、保険の効くかかりつけの指定医、ホームドクターを選び、そこで患者(?)登録してもらう。体調をくずしたときにはまずそのホームドクターに行き、必要あらばそこから専門医に紹介してもらうというカタチ。これって、もー、社会主義の名残そのもの。

日本のように自由選択システムに馴染んだ者にはチョット時代遅れで、もし指定医が気に入らなければ一年後にちがう医師に変更できるとはいえ、こちらの選択の自由を奪われたようでどこか窮屈。だけど、かかりつけの医者がいるって、そんなに悪くない。医師側にとっても年間確実な患者数=収入が得られるのはいいのでは(そこで医者がそれに甘えなければ、だけど)。

そうは言っても異邦人にはどの医者がいいのかなんてわからず、とってもロシアンクロアチアン・ルーレット的。そこで知人のかかりつけの女医さんに連絡するも、どうやら彼女、目下夏休み中らしく返事が来ず、いつまで続くのかこの宙ぶらり〜ん。不便なんですが。ま、他にも登録なしで診てくれる個人経営の専門クリニックなどもあるけどね、なんせそういうところは保険が効かず高額なんっす。

最近読んだ本。

『回天の門』藤沢周平著
『新撰組血風録』司馬遼太郎著

ともに舞台は幕末。藤沢周平にしてはチョット固いかな、清河八郎の物語。倒幕、開国、その激動の時代とここ数年の日本が重なる。司馬遼太郎のは題のごとく、納められている短編すべてが新撰組の惨殺事件の記述もの。あの時代と今の京都の街角に思いを馳せつつも、先に進めば進むほど気分が悪くなり、パタン、途中で閉じた・・・。前回の帰国で関空の本屋で買ったが、明らかに選書ミス。

広告

患者登録。” への4件のフィードバック

  1. う〜ん、司馬遼太郎フアンとしてはですね、彼の本は男向き、或は歴史探訪者向きだと思います。過去の史実を入念に調べ、骨を探して肉付けする手法に、男としてはドキドキとし、過去の時間の中に遊ぶのです。[菜の花の沖]は極貧の嘉兵衛が財をなす下りは、秀吉など出世した人たちに共通する何かと自分を照らし合わせ、共通点が見つかると嬉しくなったりしたのです。それらは、仕事人間に役に立つ、先人の知恵と申しますか、ありがたいことなんでござりました。
    今回の入院で、自分の環境のありがたさが身に染みたんですよ。
    全入院費が44万円で支払い額が1600円で釣りを貰えたんですものね。しかもヘリポートも備えた大病院ですから、安心して手術を受けれてんです。
    脚の手術の際、ついでに10cmほど短くしてもらうのってどう? 階段でもつれてしまうこともなくなるよ。

    1. かっちゃん。

      司馬遼太郎のこの本ですが、確かに女性向きではないです。(^^)
      それに一気読みする本ではないので、また時間をおいてから読んでみようと思います。
      今度帰国したら彼の他の作品も読んでみたいです。

      入院費、そんなに安くなるんですね。
      すごいなあ。
      あちらの病院の写真、かっちゃんとこで見ましたが、すごい近代的できれいなところですね。
      戦前の建物???みたいなこちらの病院とは大違い。

  2. 司馬遼太郎は「燃えよ剣」がやっぱり新撰組本で渋い!
    昭和53年3月に横浜国大を受験して失敗、浪人生活が決定した時に、横浜の地下街で買った「燃えよ剣」が、私の司馬遼太郎さんとの始まり。
    浪人して名古屋の予備校に通いながら、帰りに名古屋の三省堂で次々に買っては読んでました。
    で、志望校にはことごとく敗退・・・・新撰組ついでに京都の大学へ。

    今、読み返すと、青春時代の記憶が・・・・・

    1. 博士

      巡り巡って京都に辿り着く運命だったわけですね。(^^)
      燃えよ剣、
      今度帰国した時に探してみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中