カテゴリー: ユダヤ雑学

ユダヤ・ユーモア ラビの帽子

あるとても強い風が吹いていた日。ひとりのラビがシナゴーグへと歩いていると、突然とても激しい風が吹いて、ラビの頭の上に乗っていた毛皮のシュトレイム帽が吹き飛んでしまった。ラビは走ってその帽子を追いかけましたが、風がそれをコロコロと転がして、とても追いつくことはできませんでした。

One very windy day, a rabbi was on his way to the temple. Suddenly a strong gust of wind blew his streimel (fur hat) off his head. The rabbi ran after his hat but the wind was so strong it kept blowing his hat farther and farther away. He just couldn’t catch up with it.

その様子を見ていた体の引き締まった若者は、帽子を追いかけて捕まえると、そのラビに渡しました。するとラビはとてもよろこび、お礼の印としてその若者に20ドルを渡し、自分の手を若者の頭の上に置いて祈りを捧げました。若者はラビの気持ちがとてもうれしくなりました。

A young gentile man, witnessing this event and being more fit than the rabbi, ran after the hat and caught it. The young gentile man handed the hat over to the rabbi. The rabbi was so pleased and grateful that he gave the man twenty dollars, put his hand on the man’s head and blessed him. The young man was very excited about both the tip and the blessing.

若者はラビに頂いたお金を競馬で賭けてみることにしました。20ドルすべてを初めのレースにつぎ込み、レースがすべて終り家に戻るとそのレースのことを彼の父親に話しました。「5番目のレースの時にトップハット(シルクハット)って名前の馬が走ってたんだ。しかも大穴、倍率は100倍!

The young gentile decided to take his new found wealth to the racetrack. He bet the entire $20 on the first race that he could. After the races the young man returned home and recounted his very exciting day at the races to his father. ‘I arrived at the fifth race,’ said the young man.’I looked at the racing program and saw a horse by the name of ‘ Top Hat’ was running. The odds on this horse were 100 to 1. It was the longest shot in the field.’

ラビに帽子を拾ってあげてお祈りと20ドルをいただいて、トップハットって馬を第5レースで見つけた時、僕、これって神さまからのメッセージだと思ったんだ。それでもらった20ドルすべてをトップハットに賭けた。そしたらね、その馬ったらまったく勝つ見込みがなかったのに、5馬身で一番になったんだよ」

After saving the rabbi’s hat, having received the rabbi’s blessing, gotten the $20, and seeing ‘ Top Hat’ in the fifth race, I thought this was a message from God. So, I bet the entire 20 dollars on Top Hat.’ ‘An amazing thing happened. The horse that was the longest shot and who did not have the slightest chance to even show, came, in first by 5 lengths.’

「それじゃあがっぽり儲かったんだろう?」と父親が言いました。「ええっと、2000ドル。でもちょっと待って。まだその先があるんだ」若者が言いました。「その次のレースの予定表を見たんだ。そしたらステットソンが走るって。その馬は30倍。ステットソンも帽子だからまたラビのお祈りと帽子を思い出してね、さっきの賞金すべてを賭けることにしたんだ。」

‘You must have made a fortune,’ said the father. Well yes, $2000. But wait, it gets better,’ replied the son. ‘In the following race, I looked at the program. A horse by the name of ‘Stetson’ was running. The odds on the horse were 30 to 1′. Stetson being some kind of hat and again thinking of the rabbi’s blessing and his hat, I decided to bet all my winnings on this horse.’

興奮気味に「それでどうなった?」と父親が尋ねた。「ステットソンはロケットみたいな早さだったよ。それで今賞金は6万ドルにも膨れ上がった!」「おまえ、その賞金を持って帰って来たんだろうね?!」父親がさらに興奮して尋ねると「いいや」と若者は言った。「その次のレースですべてすっちゃったよ。とっても人気があるシャトーって馬が走ったから、それにすべて注ぎ込んだんだ。シャトーって、フランス語で帽子って意味だしさ。なのにその馬ってやつはさ、スタミナ切れでビリッケツだよ!」

‘What happened?’ asked the excited father. ‘Stetson came in like a rocket. Now I had $60,000!’ ‘Are you telling me you brought home all this money?’ asked his excited father. ‘No,’ said the son. ‘I lost it all on the next race. There was a horse in this race named ‘Chateau.’ So I decided to bet all the money on it because the horse was the heavy favorite and the name also means hat in
French. But the horse broke down and came in last.’

「この大バカ野郎!フランス語で帽子はシャッポだ、シャトーじゃない!おまえは自分の無知のせいですべてを失ったんだ。ひとつ聞かせてくれ、そのレースは誰が勝ったんだ?」父親は若者に尋ねた。「ええっと、日本の馬、ヤマルカって名前のね」

‘Hat in French is ‘Chapeau’ not ‘Chateau’ you moron,’ said the father.’You lost all of the money because of your ignorance. Tell me, what horse won the race? It was a long shot from Japan named ‘Yarmalka’ answered the son.

*ヤマルカ(Yamalka)=キパと呼ばれる信仰心のあるユダヤ人が頭に乗せている帽子のようなものをイディッシュ語でヤムルカという。

広告
カテゴリー: 混沌の文化

旅立ち

下の階のNちゃんが11月半ばの早朝、アメリカのオーランドへと旅立った。これからの半年を、記念写真カメラマンとして世界を旅する大型客船に乗り込む。

クロアチア。相変わらずのコネ社会。どこかになにかのコネがなければ未来は知れたもの。大卒、有資格のNちゃん、それまでの仕事先だった役所関係のオフィスでは、いつまでたってもキャリアに繋がるどころかたらい回しの雑務役止まり。しかも正規雇用されずバイト扱いのため、他の人たちのように夏の休暇を取れば休んだ日数分を給料から差し引かれた。しかし多くの若者が職に就けない中、仕事に就けただけでもましかもしれないと思うも、それでもそんな彼女にこの先この街でいったいどんな”アカルイミライ”が待っているというのか。

9月初旬、そんなNちゃんが珍しく晴れ晴れとしていた。ザグレブで行われた、アメリカ系客船の従業員募集の面接に行って来たという。当初ベビーシッターとしての乗船を希望したNちゃんだったが、エージェントからそれは大変だからそれよりもカメラマンのほうがと勧めらたという。そこで、どうかこのチャンスを気だてもよく謙虚で向上心あるNちゃんに掴んでほしいと祈るような気持ちで、一眼レフなど触ったこともない彼女と連れ立って、近所のズリニェヴァツ公園へ、カメラの構え方、体重のかけ方、撮り方、光りとシャッタースピードの関係など簡単なワークショップに出かけた。

日も暮れはじめ、もう今日はこのくらいでいいかと、どこかでお茶でもということになった(同じ建物の上下に住んでいるのに外でお茶というのもなんだけど、たまにはそういうのもいいじゃない・笑)。イェラチッチ広場まで歩き、グラツカ・カヴァナに行こうというと、ダメだと拒むNちゃん。高いから行ったことないし、普段着だから、と。ザグレブって、そんなところ。なにかと体面を気にしすぎる。「なに言ってんの!大丈夫、大丈夫。行こう、なんだかんだ言ってもたかがカフェだよ。それにNちゃんもわたしと同じ外国人観光客だから」とザグレブっ子のNちゃんにウィンクし、めでたくNちゃん初めて、グラツカ・カヴァナでお茶をする。

それから一ヶ月ほどが過ぎ、二次面接も突破したNちゃんはアメリカ行きのチケットを手にした。それから出発まで、興奮と期待と不安に揺れ、眠れる夜が続いたが、それでもなにか吹っ切れたようなNちゃんはキラキラと輝やいていた。ザグレブに、クロアチアに残してゆく母親のことを除けばなんの未練もなく、底辺からの脱出の向こうにはアメリカという”アカルイミライ”だけがある。そう願い、信じたい。そして多くの人たちが変化を嫌い惰性と不平と不安の中で生きていくこの街で、それを断ち切る決断をし、そして行動したNちゃんの勇気はすばらしく、それを支え背中を押したNちゃんのママもすばらしい。しかしこの冬が過ぎ、春が来て、ザグレブにまた夏が訪れる頃、Nちゃんはここに帰って来るだろうか。母親に会いにしばらくの帰省はあっても、またここで”アカルくないミライ”の不安と溜め息の中に沈みながら暮らしていくことは、もうきっとないだろうと思う。家族が、仲間が、人生の楽しい思い出を作るための船に乗り、そんな人々の笑顔を写真に収める。そこでNちゃんもなんらかの幸せを、そこから繋がる大きな可能性あるミライを掴んで欲しい。昨日、彼女からバハマにいるとメールが届いた。ディズニー客船だ。うん、がんばれ。いいね。ちょっと、羨ましくもある。