カテゴリー: 混沌の文化

旅立ち

下の階のNちゃんが11月半ばの早朝、アメリカのオーランドへと旅立った。これからの半年を、記念写真カメラマンとして世界を旅する大型客船に乗り込む。

クロアチア。相変わらずのコネ社会。どこかになにかのコネがなければ未来は知れたもの。大卒、有資格のNちゃん、それまでの仕事先だった役所関係のオフィスでは、いつまでたってもキャリアに繋がるどころかたらい回しの雑務役止まり。しかも正規雇用されずバイト扱いのため、他の人たちのように夏の休暇を取れば休んだ日数分を給料から差し引かれた。しかし多くの若者が職に就けない中、仕事に就けただけでもましかもしれないと思うも、それでもそんな彼女にこの先この街でいったいどんな”アカルイミライ”が待っているというのか。

9月初旬、そんなNちゃんが珍しく晴れ晴れとしていた。ザグレブで行われた、アメリカ系客船の従業員募集の面接に行って来たという。当初ベビーシッターとしての乗船を希望したNちゃんだったが、エージェントからそれは大変だからそれよりもカメラマンのほうがと勧めらたという。そこで、どうかこのチャンスを気だてもよく謙虚で向上心あるNちゃんに掴んでほしいと祈るような気持ちで、一眼レフなど触ったこともない彼女と連れ立って、近所のズリニェヴァツ公園へ、カメラの構え方、体重のかけ方、撮り方、光りとシャッタースピードの関係など簡単なワークショップに出かけた。

日も暮れはじめ、もう今日はこのくらいでいいかと、どこかでお茶でもということになった(同じ建物の上下に住んでいるのに外でお茶というのもなんだけど、たまにはそういうのもいいじゃない・笑)。イェラチッチ広場まで歩き、グラツカ・カヴァナに行こうというと、ダメだと拒むNちゃん。高いから行ったことないし、普段着だから、と。ザグレブって、そんなところ。なにかと体面を気にしすぎる。「なに言ってんの!大丈夫、大丈夫。行こう、なんだかんだ言ってもたかがカフェだよ。それにNちゃんもわたしと同じ外国人観光客だから」とザグレブっ子のNちゃんにウィンクし、めでたくNちゃん初めて、グラツカ・カヴァナでお茶をする。

それから一ヶ月ほどが過ぎ、二次面接も突破したNちゃんはアメリカ行きのチケットを手にした。それから出発まで、興奮と期待と不安に揺れ、眠れる夜が続いたが、それでもなにか吹っ切れたようなNちゃんはキラキラと輝やいていた。ザグレブに、クロアチアに残してゆく母親のことを除けばなんの未練もなく、底辺からの脱出の向こうにはアメリカという”アカルイミライ”だけがある。そう願い、信じたい。そして多くの人たちが変化を嫌い惰性と不平と不安の中で生きていくこの街で、それを断ち切る決断をし、そして行動したNちゃんの勇気はすばらしく、それを支え背中を押したNちゃんのママもすばらしい。しかしこの冬が過ぎ、春が来て、ザグレブにまた夏が訪れる頃、Nちゃんはここに帰って来るだろうか。母親に会いにしばらくの帰省はあっても、またここで”アカルくないミライ”の不安と溜め息の中に沈みながら暮らしていくことは、もうきっとないだろうと思う。家族が、仲間が、人生の楽しい思い出を作るための船に乗り、そんな人々の笑顔を写真に収める。そこでNちゃんもなんらかの幸せを、そこから繋がる大きな可能性あるミライを掴んで欲しい。昨日、彼女からバハマにいるとメールが届いた。ディズニー客船だ。うん、がんばれ。いいね。ちょっと、羨ましくもある。