カテゴリー: 心と精神の浄化

エゴセントリック

世界中にユーザーを持つFacebookというSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に登録していたが、もういいや。

先日、そのフェイスブックを通して、ある人から「友達として承認してください」というメッセージが届いた。ドイツ系のその差出人はとても懐かしい名だった。20代の頃、京都で一つ屋根の下に一緒に住んだこともあれば、ベルリンでは毎日のように互いのアパートを行き来し、夜な夜な語り合った”元”友人だった。”元”というのは、わたしがイスラエルに引っ越した後、「そんな国に住もうなんて人とはとうてい友人ではいられない」と、いかにも欧州のメディアを鵜呑みにしたパレスチナ問題を切り口にして、一方的という以外なんでもない彼女らしいやりかたで絶交状を突きつけて来たからである。その当時、そんなことで壊れるような関係だとは思っても見なかったし、こちらとしては彼女との友情(そんなものがはたして存在していたのかも今となってはアヤシいものだが)に重きを置いていたので、国際電話でもっても何度もこちらの意図を誤解していると伝えたのだが、無駄な努力に終ってしまった。現在は作家として活躍している彼女だが、良くも悪くもすべてがその一時の感情なのだ。ロジックなところがほとんどなく、すべて思い込みで生きているようなところがあった。だから、それから一年待った。一年待って、熱りが冷めただろうとふたたび連絡してみたが、それでも答えはおなじ、彼女の引きつったような白々しい作り笑顔が受話器越しにわかるほど、もう関係は壊れていた。なので、わたしからはそれから一切、彼女に連絡することはなかった。

そんな彼女から「フェイスブックはじめました!ああ、あなたを探し当てることができてほんとにうれしい!どうしてる?!あたしは今ああでこうで・・・・」なんて興奮気味のメッセージをもらったのだ。で、一日、考えた。当方としては「ふーん、で?」探すもなにも、まったくイマサラなのである。ある日突然ポイッと捨てられたかつての恋人に「よぅ、俺だよ、俺!今子供もいてさー、幸せなのよ、俺、今度会おうぜ」と突然、しかも相変わらず自己中なオレオレメールをもらったような、そんなしらけた気分なのだ。こちらはもうとっくの昔にすっかり事後処理を済ませて、今の新しい生活があるんだよね。と言いたいところだ。

しかしそれでも、かつて絶交状を突きつけた彼女がそうやって歩み寄りしてくれたのだから、そこは受け止めるべきかもと友達承認してみたものの、どんなシゴトをしているのかとやたら聞いて来るのでカクカクシカジカ、ユダヤ関係ものなども書いてます、と伝えるとまた音信がとだえた。・・・なんなんだ。イスラエルやユダヤというキーワードがまた彼女の中でよからぬ妄想を膨らませたのかもしれない。それとも単に自分の今の成功をひけらかしたかっただけなのかもしれない。またはもう以前のように彼女を慕う言葉を投げかけなかったから(DearもLoveも文頭と文末に付けたのではあるが)がっかりしたのかもしれない。そしてその数回のやり取りでこちらがひとつだけ彼女に尋ねたことへの返事はない。そうなるとやはりわたしの脳裏に浮かぶのは昔と変わらず一方的で、こちらの理解の範囲を超えている彼女だ。

かくしてニンゲンはともかくエゴセントリックでどうしようもない。もちろんわたし自身も自分では気がついていなくても、どこかできっと同じようなことをしているのだろう。よーく気をつけなければ。そこで連絡することはもうないだろうと思われる、20年来の友でもありかつては結婚も何度か話にあがった恋人だった彼の連絡先をコンピュータから削除した。数年前にようやく同郷の彼女と結婚し今年には念願の子供が生まれた彼の、過去の亡霊にはなりたくない。そう思わせてくれたドイツの彼女にチョット、感謝するべきかもしれない。

広告