カテゴリー: 不思議のクロアチア

夢の街ドゥブロヴニク。

坂のある港街が好きなわたしにとって、夏のザグレブは相変わらずつまらない平地の街であることには変わりなく、だけど碧いアドリア海に囲まれたドゥブロヴニクでのバカンスから戻ったこの街は、物質的な暮らしにおいてはクロアチアで唯一充実した街なのかもしれないと思わせた。もしあのドゥブロヴニクに住んだなら、いったいどこで日常的な買い物をしたらいいのだろう。それが現実的な問題だ。

ありとあらゆるものが揃ったメルティングポットなエルサレムから暮らしの拠点をこのザグレブに移した当初は、中心街のイリツァ通りに立ち並ぶショップの田舎くさい衣服センス、自然食品店はあってもアジア食品店の一軒もなく、列車でブダペストまで買い出しに行くのがよいだろうとチャイニーズレストランのおじさんがいうのに唖然とし、かつてはイタリアのトリエステまで、そして今は毎週お隣オーストリアのグラツまでショッピングツアーのバスが出ているほど、物の少なさと不便さとに驚いた。エルサレムでなら近所のスーパーの雑貨コーナーでも売っているようなちょっとした生活用品すら、ここでは郊外の大型ショッピングモールまで行かねば手に入らない。そこまでも電車にバスにと乗り継ぎしなければ行けない。もっと住みやすい街がいい、この二年半近く、ずっとそう思ってきた。

さて、ドゥブロヴニク。透明に近い美しい碧い海を眺めながら一度はこんな街に住んでみたいと夢を見る。しかしアドリア海の真珠と呼ばれながらもこの街は、残念ながら押し寄せるツーリズムの波にディズニーランドもしくはテーマパーク化した世界的な大観光地と成り果てた。おかげで世界各国からの観光客で溢れるレストランやカフェをはじめ、ストラドゥン通りや路地のみやげ店、カフェ、レストランのどこもがおかしなことになっている。城壁や石畳の照り返しのきつい炎天下の真夏の午後、ザグレブから来たわたしにはコーラひとつとってもザグレブの倍額もしているようなカフェには入ることすら躊躇してしまう。ミネラルウォーターを買おうにもそんなものを売っている店は一軒しかなく、わざわざそこまで人ごみを掻き分けて戻るのかそれともバカ高いカフェに入るか脱水状態に陥るか。そんなドゥブロヴニクの商魂たくましい罠にはまる。殿様商売のレストランは、たった一度しか来ないどこぞの観光客に心のこもったサービスや良心的な値段などいらない。だから地元の人たちはそんなところへは行かない。街で唯一の青空市場だって、その値段と品揃えからそこが観光客目当てなのは明らかで、洗濯ものが揺れる路地の家屋のその多くはバカンスに訪れるだけの成金外国人たちに一生遊んで暮らせるほどの多額で売却され、地元の人たちの暮らしはまったくといっていいほど感じられない街となってしまった。美しく華々しいドゥブロヴニクの裏側の悲しく醜い現実。ツーリズムは人も街をも壊してゆく。 

そんな旧市街が地元の人たちの日常の一部であるはずがない。旧市街とは別に地元の人たちのお財布に見合ったダウンタウンのようなものがどこかにあるのだろうか。いや、そうにちがいない。街から来た者には単純にそうとしか思えない。そこで生まれも育ちもドゥブロヴニクでござんすという知人たちに聞いてみたところ、予想に反して旧市街以外にはこれといった街はなく、市場もそこのみで、青果はおそろしいほどの価格でしかも品数も少なくなかなか地元の人たちには手が出ないという。またザグレブやスプリットのような大型ショッピングモールなどないため*、衣類にいたっては若い人は車で5時間のスプリット、ちょっと生活に余裕のある人は飛行機でザグレブまで飛んでいくという。大学で犯罪法を教えているその女史と小児科医である彼女の妹さんは、時々スーツケースふたつでザグレブにやってくる。ひとつには衣服を、もうひとつにはドラツの青果市場で買い込んだ果物や野菜を詰めこんで帰るために。

その旧市街から徒歩で30分ほどの郊外、地元の人たちがふつうに生活している地区に今回滞在した。しかしやはりそこから旧市街までの間の表通りには店らしきものはほとんど見当たらず、近所のおじさんたちが集うカフェなんてものもコンズム(Konzum)などのスーパーの影すらもなかった。チャイナショップという名のチープな衣料店、路地のスナック菓子、飲料水、パン、石けんなどが店番のおばさんの周り取り囲んでいる小さな昔風の雑貨屋、アルバニア系のパン屋を見つけたが、それ以外はなにもなかった。いやはや、なんだかこのアドリア海の街で暮らしていくのはかなり大変そうだ。うちの猫のペットフードなんてどこで買うのだろう。

これまで日本の一地方都市ぐらいのとるに足らない街だと、特筆することもないと見下していたザグレブは、アジア食品店がなくともファッションセンスが悪かろうとも、ドラツをはじめ数軒の青空市場の他パン屋にスーパー、ショッピングモール、dm(ドイツ系大型薬局・化粧品店)衣類や靴、眼鏡屋、ペットショップなどがあちこちに点在し、日夜カフェには人々が溢れる。スーパーを併設した大型ショッピングモールだって何軒もある。ザグレブはやはりクロアチアの首都、そしてクロアチアで無二の大都市なのだ。碧い海に浮かぶドゥブロヴニクに住もうなどと夢などみず、あの街はバカンスに訪れるだけの夢の街としてそっとしておくのがいいのかもしれない。

(*ドゥブロヴニク旧市街から空港へ向う道一か所でだけ大型スーパーの看板を見かけたが、実は以前ザグレブのイスラエル系大型ショッピングモールの経営者が、ドゥブロヴニク郊外にも大型モールの建設を打診したところ、異常なほど高価な土地のため一から建設すれば大赤字は避けられず実現には至らなかったという。なので未だドゥブロヴニクにはその看板のスーパーしかないということなのだろう。)

広告