カテゴリー: 不思議のクロアチア

なんだろうなあ、もう。

自宅アパートの隣は小さなワンルームアパートで、ある日突然その部屋がSobe(ソベ)よ呼ばれる貸部屋になった。アパートや一軒家などの個人宅内の一室を一泊いくらで旅行者などに提供するSobeは、旧ユーゴな国々では今もたくさん存在する。クロアチアでも観光地のドゥブロヴニクやスプリットなどになると、宿はホテルよりもSobeのほうが多いくらいだ。

前月あたりからこのワンルームのオーナーらしき中年カップルが泊まり込んで、キッチンをつけたりなんだりとがちゃがちゃ改築していた。時々通路で顔を合わせたときの会話では彼らがそこに住むという話だった。それがようやく工事が終ったと思ったら、表札の上に大きくブルーで「Apartman」と書かれたステッカー、建物の入口にも二つ星のついたSobeを示す青いプレートが掲げられた。つまりワンルームの貸しアパートですね。

・・・・これ、思いっきり違法じゃないのですかね。

そもそも集合住宅でこういった貸し宿をするには建物全体の監査だったり、いろいろな手続きがあると聞いていたが、そんな監査はなかったし、ここの理事さんから聞いた話ではオーナー夫妻の話しはあいまいで、どうも裏でコネがからんでいるらしという。外観に掲げられた青いプレートも、住人代表たちが全員一致で賛成しないことには勝手につけてはいけないのだが、オーナー夫妻は知らん顔、つけたものはもう外さないらしい(他にも違反行為たっぷり)。

うちはそのすぐ隣ということもあって、壁一枚で常に見知らぬ旅行者が出たり入ったりするというのは、なんだか不安に感じる。ここは「家」であって、共同オフィスビルでもなければゲストハウスでもない。外部者の侵入を防ぐために建物のエントランスの鍵は当然住人しか持っていないが、それが見知らぬ滞在者たちにの手にも渡ることになるのもなんだかいい気持ちがしない。こういうお国柄、その人たちが前もって悪さをしようとして、ということを想像するのも容易く、セキュリティー的にかなり不安だなあ、ああ、やだなあ、もうっ。なぜ自分たちの建物にSobeや今回のような貸し宿があることをいやがる人たちがいるのかが、今回のことではじめてわかったように思う。

それにしても、いくら考えても、こういう集合住宅で自分たちのことだけを押し通す人たち、その価値観にはどうしても馴染めない。わたしの育った日本があまりにも協調性や他の人のことを考慮する社会だったから、なおのことこういうのにはムカムカする。ふかーい溜め息が出る。もう表札上のステッカー、ビリリリッとはがしてやろうかなとか思っちゃう(笑)。

ああいうふうに自分たちのことだけで生きていくのって、楽なんだろうなあ。でもやっぱりああはなりたくないな。

広告