カテゴリー: 不思議のクロアチア

猫ネット、その後の経過・・・。

前回から約10日たって、
ようやく晴れの日と休日でないふつうの労働する日が重なってくれたため、
いやいや、ほんと、ようやくベランダの猫落下防止ネットの作業が進みました。

といったって、まわりをネットで囲んでお終い。
上、すかすかなんすけど・・・。

「・・・・上の部分は???」
「え?だからうちの猫のには、」

またそれかいさ・・・。
それはそれ、これはこれっ!

こちらが頼んだものを、
その寸法で作って付けてくれたらいいだけの話じゃないんでしょーか?
わたし、まちがってますかね? 
何度も何度もしつこいですかね?
もうすっかり自信ないですよ。

なーんて。
おい、おっちゃん、
いる!いる!いるったらいるーーーっ!
いるったらいるねんやん。

ということで、
また足りない上部部分を作って持って来るそうな。
だからはじめから素直にこっちの注文通りにしといたら
こんな二度手間三度手間にならへんかったんにねえ。
こんな不細工にならんでもよかったんにねえ。

しかし今度はいつとも知れないおっちゃんを待ち、
このまま放置しておくと
またくーし落ちるし、たんたん落ちるし。
目に見えてるし。

ということで、
ええ、応急処置。

いらない白いシーツを裂いて柵に縫い付け、
ホッチキスで止め、
壁に釘うち、
なんとかテント。
まるで遊牧民みたいなそんなもの。

もうこのままでもええかも。
いやー、長いなあ。完成するまで。
なんか大工事してるみたいな長さである。

あほらし。
金網張り、自分でやったほうが早かったわいっ。

と、なぜか語り口調がオッサンになってしまったワタクシでございましたとさ。
はあ〜〜〜〜。


新しくつけてもらった出っぱりでくつろぐ正体不明の動物。
こんなに脱力できるものなの〜?ね〜?くーしー?


ちょっといつもとちがうベランダにドキドキなたんたん。

写真じゃわかりにくいですが、どういうふうに落下防止の改築をしたのかというと、ポイントはベランダを金網で覆い落下しないようにするというものですが、そこに一工夫。ふつうの京間の畳一畳ほどのベランダの鉄枠に出窓調の枠組みを付けたし、猫(にゃん)ズが寝そべったりできるスペースを付け足しました。この上の白い部分がシーツ。ここにも金網を貼って枠に登れないように予定。ええ、くー&たん、登っちゃうんですよ、そういうところに。

ちなみに、たんたんの写っている写真のバックは、
いくつものアパートの共同中庭なのですが、それは仮の名。
本当の名は「巨大脱糞所」ですな。
ええ、お犬さまのね。
飼い主やーい、
みんなが使うんだおー。子供が遊ぶんだおー。
ペットの糞の後始末は飼い主の自覚の問題だおー。
それよりも、ふんふか、臭いんですけど・・・。
わからんわー、その感覚。

広告