カテゴリー: 勝手にレコメンデーション

「ハワイアンレッスン」の著者ノートと大黒さんとの会話

一か月ぶりの更新です。さて、すっかり春めいて来たザグレブですが、わたしはというとマケドニアに数日行って来ます。はじめてのマケドニア、はじめてのエリア、うーん、いったいどんな国でしょうか。楽しみ。

春先に終えたこの物語のライナーノートと大黒さんとの会話が葉っぱの坑夫にて掲載されましたので、どうぞ読んでみてください。以下、葉っぱの坑夫のレビューです。

————————————————————–

■「ハワイアンレッスン」連載を終えて
 ノート:大桑千花
 会話:大桑千花、大黒和恵
————————————————————–

この3月に連載を終了した「ハワイアンレッスン」についての、著者のノートと著者とエディターの会話を掲載しました。「ハワイアンレッスン」はいろいろな読み方ができるストーリーだと思いますが、ノートでは著者が自作を振り返って解説しています。「会話」の方ではストーリーからは少し離れて、これが書かれたバックボーンを探っています。ある国に異なる言語や文化、習慣をもって暮らすこと、そこには日本に住む外国人や外国籍の人たちも含まれるわけですが、そういった「外からの目」をもって世界を見ることが、生きることの中でどういう作用を及ぼすのかについてたくさん触れています。大桑さん自身、外国人として海外に長く暮らしてきて、イスラエル時代には「日本語=日本文化の持つコンセプトやニュアンスと自分の世界(ヘブライ語と英語)がまったくマッチしなかった」経験をもっています。この「会話」では、二人の話がジグザグとあっちへ行きこっちへ行きしているように見えますが、「ハワイアンレッスン」を紡いでいる目の位置、世界の見方、といったものがどういうものだったのか、何によってこの話は特徴づけられているのか、ということに近づこうとしているのだとわたしは思っています。この世界にはまだ、語られていないたくさんの「目のあり方」があるんだ、と気づかされます。

広告