カテゴリー: 月と太陽の傾き

ハワイアンレッスン 第7章

ちょうど一年前にはじまった「ハワイアンレッスン」も今回で最終回となりました。
毎回とてもきれいな切り絵を作ってくださった川瀬さんですが、
今回もとても華やかに飾ってくださいました。

物語はここでひとまず終りますが、
来月あたりにライナーノーツも発表します。
あわせて読んでいただけるともっと物語が見えて来ると思います。
一年間どうもありがとうございました。

大桑千花

■ 「ハワイアンレッスン」第7章
─────────────────────────────────────
■Based on a True Story 「ハワイアンレッスン」(日本語)
 テキスト:大桑千花
 切り絵:川瀬知代
 デザイン:Yoshimean.T
————————————————————–
第7章
7-1 静かな日々
7-2 うたかたのこと
7-3 燃える火
7-4 ゴムの木の島—春’97
7-5 序章

京都の山中で晶が体験するヴィ・パッサナ、一種の修行のような、晶に言わせる
と「ココロのオソージ」。生命の誕生と消失を水の流れに、泡の見え隠れの中に
みつめる。スティーブンの、JJの、ロランの、そして晶のその後の新しい展開。
熱帯タイランドの島での休暇のひととき、ヤシの木、月明かり、カヤック、バン
ガロー、そしてここでもビーチドッグが。晶は大きな木とビーチドッグとはどこ
であれすぐに友達になってしまう。4人の物語はやがて終わる。春にはアーモン
ドの花が満開になるアフリカに近い沙漠の街、そこで晶は思い返す、そして先に
進む。この話はbased on a true storyなので、生きているかぎり話はつづき、
未来へ、現在へとつながっている。終わるということがない。でもお話としては、
とりあえずここで終わり。オアフの青い空の下ではじまった4人の冒険物語は、
こうして他人(読者)を巻き込むことで、ここに始まりと終わりをもちました。

広告

ハワイアンレッスン 第7章” への2件のフィードバック

  1. 一年間お疲れさまでした。甘酸っぱい物語をどうもありがとう。
    舞台は違っても。私も同じように傷つき、感動し、学んで
    大きなリンゴの街にたどり着いちゃいました。
    この物語にはたくさんの「うん、うん、わかる。」な部分があって
    読みながら忘れていた思い出が蘇ってきて不思議な体験でしたよ。
    チカさんがタイで一ヶ月過ごしていた頃、私もバンコクに住んでた。
    どこかですれ違っていたかもしれませんね〜。

    いや〜しかし、人生は物語ですな。またまだ続きますね、お互い。

    1. ママさん

      いつも読んでもらって
      どうもありがとうございました。
      はい、物語は続きますよ〜お互いに。

      >読みながら忘れていた思い出が蘇ってきて不思議な体験でしたよ。

      おお、そうでしたか、それはおもしろいですね。
      タイでニアミス、ありえますなあ。あの頃はわりとよく行ってました。
      好きだったなあ、あの海と湿気と熱気と。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中