カテゴリー: ユダヤ雑学

ユダヤ・ユーモア 結婚編

1:あるユダヤ女性がラビを訪ねてブネイ・ブラク(イスラエルのとある街)に行った。「ヤンケレとヨセレのふたりがわたしを好きだといいます」とラビに言った。ラビは「そのどちらが幸せ者ですか?」と尋ね、こう続けた。「ヤンケレがあなたと結婚するでしょうね。ということは、ヨセレが幸せ者ということですね」

2:もし既婚のユダヤ男性がひとりで公園を歩きなが独り言を叫んでいたとしたら、それでも彼が悪いのですか。

3:父が言った。「わたしたちと同じ信心を持つ娘と結婚しなさい」「父さん、なぜ僕のことをシュマック(大バカやろう)だって思う娘と結婚するわけ?」

4:結婚カウンセラーのアドバイス。「美男や美女とは結婚しない方がよいでしょう。別れようって言われるかもしれないでしょ。ま、でも醜い相手からでもそう切り出されることもありますね。だったらどっちでもいいんじゃないですか」

5:モリスは彼のラビにアドバイスを求めに行った。「ラビ、人が他人のミスから利益を得るのは間違っていますか?」「その通り。他人の過ちから利益を得てはなりません」ラビは答えた。「ほんとにほんとにだめですか?」「もちろんそういうことはいけません!」ラビは自信を持って答えた。「わかりましたよ、ラビ。あなたがそれほど確信を持って言うのなら、わたしと妻が結婚した時にお渡ししたお礼金の200ドル、返してもらえませんかね?」

6:ユダヤの格言。「ユダヤ人の妻は許し、忘れてくれる。しかし彼女は決してなにを許したのかを忘れることはない」

チカオノート:まだこういうのたくさんあるのですが、文化のちがうところのジョークって説明なしではわかりにくいことが多いのですね。が、結婚に関しては万国共通でしょうか(笑)。

カテゴリー: ユダヤ雑学

ユダヤ・ユーモア 悲観癖編

イタリア人が言った。「疲れて咽もカラッカラさー。さあ、ワイン、ワイン!」
フランス人が言った。「疲れて咽がカラッカラだね。こういう時はコニャックだね」
ロシア人が言った。「疲れて咽がカラッカラだなーも。ウォッカ飲むんだなーも」
ドイツ人が言った。「疲れて咽がカラカラです。こういう時はビールがよいでしょう」
メキシコ人が言った。「疲れて咽がカラッカラ〜。テキ〜ラが最高〜」
ユダヤ人が言った。「疲れて咽がカラッカラ。・・・俺って、糖尿病!?」

The Italian says, “I’m tired and thirsty. I must have wine.”
The Frenchman says, “I’m tired and thirsty. I must have cognac.”
The Russian says, “I’m tired and thirsty. I must have vodka.”
The German says, “I’m tired and thirsty. I must have beer.”
The Mexican says, “I’m tired and thirsty. I must have tequila.”
The Jew says, “I’m tired and thirsty. I must have diabetes.”

カテゴリー: 不思議のクロアチア

999

今日はレッスン。
ちょっとは口の筋肉が熟れて来たかな。

ゅうひゃくゅうじゅうゅう。
唇だけで、口先だけでけっこうです。
顎の細いキョンキョン顔で十分対応できます。

ゔぇっゔぇせっとゔぇっと。
ちっちゃい怪獣みたいだ。
一文字一文字、口が真横に開く。
やっぱ阿形に近いね、前回の。
石川秀美顔(80年代でスマン)が有利?
だからザグレブ、丸顔が多いのか・・・。

カテゴリー: 不思議のクロアチア

新時代のクロアチア

先日、ゴルニグラドの聖マルコ広場で行われた新大統領就任式。
老いた雄ザルから若き白熊へと大イメージアップ。
法律の教授でしかもクラシックの作曲家なんて、
ヨン様並におばさまキラーなヨシポヴィチ新大統領。
総勢450万人ワイルド国家でそれってウソでしょ?にクリーンすぎる彼の、
スピーチは汚職追放とEU加盟の公約がメイン。
でも大統領さま、大統領にこの執行権限がなけりゃ公約もなにも。
権限があるのは首相殿。
首相がこの国の親分だもの。
・・・あら。

この国がこれから目指す社会基盤を作ること。
前任者はそれをしなかったんだから、
いまだに無秩序まっただ中なワイルドカントリー。
そこからの脱出の先導を新大統領に託したい。
とはいえ、汚職追放はむずかしいなあ。
それなしにこの国の政治経済回らないだろうし。
イスラエルみたいに堂々と汚職しないから(笑)
そういうものはさらに水面下に沈むだけか。

ともかく、
就任式で妻と娘さんがほほ笑んで大統領の隣にいる光景はデジャヴー。
クリントン時代のまねっこに見えてしょうがなかったのであった。
ちなみに雨だったらどうするつもりだったのか気になって、
でもテントを張り巡らせるような準備も見当たらなかったし。
この時期、外での式典って考えもの・・・。


政治がらみでついでに書いちゃお。
2週間ほど前の大雪で、L氏が交通事故で入院。
大事には至らなかったものの、シートベルトで肋骨を折り、
事故直後は押し掛ける見舞客でもううんざりとしんどそうだったので、
今日の午後ようやくお見舞いに。
かつてトゥージマン大統領の片腕を勤めたL氏、
運転手は軽症ですんだがL氏とともに同乗していた運転手の奥方は亡くなる大事故、
ドゥブロヴニク出身の運転手、雪道の走り方を知らず。
新聞ではスノータイヤでなく普通タイヤのため滑ったとあったが
L氏曰く、ウソだね、バカげてる、とのこと。
ああメディアってこんなくだらないウソが好き。
2時間ほど新しいクロアチアについて語って、
他の方のお見舞い品のみかんを4つほど平らげて帰って来た(笑)。
ザグレブで売ってるみかん、美味しいんだよなあ。甘くって。

カテゴリー: 夢日記

ちょっと変な話なんだけど。

なんていうか、

以前ベッドルームにしていた部屋がある。

時々だったんだけど、

なんていうか、夜、寝ていると、

とても不気味な、とても言葉では表現できそうもない

なにか霊的な存在が浮遊し、

それに追いつめられ襲われる。

ドロドロしたホラー映画並みの悪夢。

目が覚めて、脳裏のその残像にぞっとする。

そしてたんたんが、角の天井をじっと見上げて、とにかく鳴く。

それが頻繁になって来て、あ〜、やっぱおかしいやね、この部屋。

これ以上はちょいヤバい。精神的に。ベッドに入るのがもう苦痛。

それで隣の部屋をベッドルームにしてからは

その怨念がにじみ出た物体の

軽〜い訪問が一、二度あっただけ。

たんたんも鳴かない。

なんていうか、

男性だな、あれ。

年、とってる。

憎しみがいっぱいで、ねじれてる。

なんとかしなきゃね〜。

インドのお香は効かなかったから、

こんどはセージでも炊いてみますか。

カテゴリー: 月と太陽の傾き

零下のリュブリャナ













朝、電車に乗って外国へ。
国境越えの旅券チェックは
いつもなんだか妙な緊張感があって
好きではない。

到着した街のクロアチア大使館で用事を済ませ、
ホロコースト以後、
その国に150人しかいないというユダヤ人の一人と会って
お茶をして。
昔のユダヤ通りなど零下の中歩き回って凍えました。

遅めのお昼は久しぶりにまがい物ではないタイ料理。
でもザグレブのシンプルな味付けになれて、
もうこういう辛いカレーは食べられなくなったよ。
ちょっと残念ね。

遅めのお茶はフランス革命広場のカフェでアップルパイ。
これもものすごく久しぶり。
ザグレブはウィーン風のアプフェル・シュトゥルーデルだから。
このカフェがまたフランス風でセンスよし、メニュー充実、
女の子度があがるいいカフェなんだよ、これが。
センスがよいのはこの街全体に言えることでもあるけれどね。

中心街のお店が30%セール。
あまりの寒さに分厚いタイツを探したけれど、
すんごく大きいのしかなかった。
だからセールなのか・・・。

日が暮れて、また電車に乗って国境を越えて、
クロアチアにもどってきた。
案の定、10分遅れで発車、ミュンヘンからの電車だった。

3時間後、ザグレブ駅につくと
駅前のホテル・エスプラナーダのスケートリンクから
軽快なDJが聴こえて来て、
ライトアップがカラフルで、
それはそれはほんとうに楽しそうで、
だけどこの捻挫足ではとっても滑れそうもないので
来期までがまんじゃの。
しばらくし楽しそうなリンクを眺めてから、
歩いて家に帰りまひた。
たんたんとくーしが大はしゃぎでお出迎え。

そんなイチニチでした。

なんだか先週からバタバタで、
ああ、・・・眠ひ・・・。
おやふみなはい・・・
・・・zzzzzz・・・。

カテゴリー: 月と太陽の傾き

3ヶ月=1年半

先日リュブリャナに行ったわけ。

二年前のちょうど今頃にザグレブにやって引っ越して来て、永住権を取るべくステップのヴィザ申請をしたところ、その年から法律が変わりその前年までクロアチア国内で申請可能だったのが、申請者が市民権を保持する国のクロアチア大使館でのみ申請可能となり、あららどうしましょってことで、とりあえず近場のスロヴェニアに行くことになった。もちろん、わたしはスロヴェニアの市民権はありませんが(笑)。本来ならば日本のクロアチア大使館からの申請となるのですが、まあなんていうんでしょ、表向きはそうじゃないとダメなんですけど、ということでスロヴェニアです(笑)。

ヴィザの申請にあたり、米国のグリーンカード申請などをおなじく過去10年の警察証明書(犯罪歴を調べるため)を提出するのですが、さて、わたしの場合、その10年は日本でなくイスラエルだったので在住していたエルサレムの警察からそれを取り寄せることに(この時点ですでにイヤな予感炸裂・・・)。在クロアチアのイスラエル大使館で申請し、エルサレムの友人に委託書を送り、彼女にこの件に関しての全面的な対応を任せ、警察に取り合ってもらうと「3週間で届くって」。・・・ハイ、もうお分かりのように、これが3ヶ月どころかイスラエル、やってくれました。3週間で届くなんて甘い甘い。なのでリュブリャナのクロアチア大使館にはすぐに届くからと、とりあえず申請するも・・・やはりイスラエルもクロアチアも基本は男性社会ですからね、友人女性が何度警察に催促しても無駄。なのでザグレブのイスラエル大使館になんども催促し、ようやくその書類が届いたのが・・・一年半後!でゴザイマス。

そしてそれをこちらの警察に提出してあーだこーだ割愛、リュブリャナでヴィザをもらい、またこちらの警察で一時間半ほどもぼけーと待ちぼうけを食らい、形だけの面接を終え、めでたく第一歩が終了。ああしんど。