カテゴリー: 月と太陽の傾き

市民のための文化的イベントはどんどん行いましょう

なんだかテンションが下がっちゃったので、ここでお口直しでも(笑)。

夜の10時も過ぎていつもなら暗い寒いザグレブの中心街。先週の金曜の夜はまるで日本の大晦日の晩のように子供連れの家族やカップル、学生たちがザグレブの中心街をわんさかわんさか。

「Museum Night(訳して、美術館・無料拝観の夕べ・笑)」だったんでございますね。

このMuseum Night、クロアチア全国で40ほどのギャラリーと100ほどの美術館や博物館がその夜に限り入場無料となるイベント。その日の午後に夜一緒に行かないかと、ザグレブッ子のNちゃんに誘われてたんだけれど、あ、当然パスパス。行かないよ〜とつれない返事(笑)。

だって、どの美術館の入口も長打の列だろうし。
だって、ヒトが多すぎるもん、だし。
この季節、外で並ぶなんて寒いやん、だし・・・。

去年のいつだったかにレンブラントが来ていた時も、無料拝観の夕べを儲けてくれたザグレブ。が、もうその夜は長蛇の列で、横断歩道を越しに速攻、断念。が、今回もNちゃんには断ったものの、ちょうど帰宅時間が夜の10時半近くだったので、ぐるり、HNK(国立劇場)の横を回り道。HNK前の広場にはRadio 101の、ノリノリのDJ。Radio 101はなかなか選曲センス良きラジオ局。そしてその周辺ではカラフルにライトアップされた数軒の美術館。いいね〜。ちょっとわくわくするね〜。

冬の夜は閑散としているピザ屋すらも行列で、ちょっとお祭りの夜みたいで。これであちこちに出店が出てたらもっと盛り上がるのにね〜(無茶を言うな無茶を・笑)。若者に混ざって毛皮のロングコート、コサックのような毛皮の帽子、そんな年配の淑女のみなさまの姿も。

ザグレブで初めて冬を迎えた時は「えっ?!いまどき毛皮???本物の???」と驚いたけど、いやー、零下の続くザグレブの凍てつく冬、ファッションというよりも、必需なんだねー。

自宅に戻ってしばらくすると、時計は夜11時。ババーン、花火があがって、真冬のたーまやー。

こういう文化的イベントはとてもよろしいかと、仮にも一国の首都であるザグレブには似合うイベントだよなあと、うんうん、ひとり勝手にほほえみながら頷く異邦人でございます。

(えーっと、そんなステキな夜なのに、写真、ありません。わははっ!許して。カメラ持ってなかったんだってば、その日は。)

広告

市民のための文化的イベントはどんどん行いましょう” への2件のフィードバック

  1. あれ、すっごい勢いでスキンが変わってく〜〜〜。
    ライブで楽しんだ〜。ははは。

    私も長蛇の列きらい。

    マンハッタンで時々毛皮のコートみるとぎょっとする。
    あれは必需品じゃなくて見栄?

    1. ママさん

      おっ、誰も見ていないであろう時間帯を狙ったのに。(笑)
      ここのスキンって、日本語フォントだと微妙でね、
      実際にああしてライブ表示(笑)してみないとあれ〜〜〜???だったりするんですよ。

      毛皮、こっちでも多少は見栄の部分もあるのかも。
      やっぱりそこそこしますしね〜。
      お古を一着いただいたけど、
      ちょっとやっぱり着れない・・・動物・・・うー・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中