カテゴリー: ホロコースト, 勝手にレコメンデーション

『僕の大事なコレクション ー Everything is illuminated』

以前から下書きだけしてあったものですが、投稿しますね。

原題『Everything is illuminated』(すべては明らかに)のイメージとはかなり異なる邦題で日本上陸の『僕の大事なコレクション』。

アメリカの若きユダヤ人作家ジョナサン・サフラン・フォアの同名小説をベースにした、ロードムービー(2005年公開)。『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド演じるアメリカのユダヤ青年が、ホロコーストを生き延びた亡き祖父の過去を知るべくアメリカからウクライナへと渡るもうひとつの指輪物語だ。言葉と文化の壁からクスッと笑いが込み上がる不思議なストーリー展開(まだ観てない方もいるでしょうから内容は書きませんよ)でこの作品の監督を勤めたリーヴ・シュレイバンはハラハ(ユダヤの法)的にユダヤ人で、今年公開された映画『Defiance(ディファイアンス)』では1940年初頭のドイツ占領下のポーランドの森に隠れ住むユダヤ人コミュニティーの中枢となったユダヤ4人兄弟の次男役で力強い演技力を発揮している(実在したビエルスキ兄弟の実話に基づいたこの映画もおもしろいですよ)。

この『僕の大事なコレクション』では、全編に渡りユダヤポイントと言えるほどのシーンはあまりなく、音楽もユダヤ音楽ではなくジプシー音楽だ。あえてユダヤポイントとして挙げるとすれば映画の冒頭と終りでジョナサンが彼の祖父の墓を訪れるところぐらいだろう。祖父の墓碑には他のユダヤ人のものにも見られるようにダヴィデの星とヘブライ語で (Tehei nishmato zrura b’zrur hachaim)תהא נשמתו צרורה בצרור החיים(安らかに眠れ)の略字「ת’נ’צ’ב’ה」が刻まれ、墓碑の上には小石がいくつか置かれている(理由はこちらを参照)。

というのも、原作で描写されているユダヤ的ポイントが映画では撮影後に編集でカットされている。例えば、前記の祖父を埋葬する冒頭でカットされたのは、黒いキパを頭に乗せたジョナサンが墓に撒くべき砂をジップロックに入れて彼のコレクションのひとつにしてしまうシーン。これはユダヤポイントとしても映画としても残しておいた方がよかったと思うのだが、遺族の手の中の一握りの砂はおそらくエルサレムの砂である可能性が高い。離散ユダヤ人(イスラエル以外に居住するユダヤ人)ーそれが生前は信仰もなく政治的に反イスラエルであったとしても、彼らの多くは死に際にエルサレムに戻ることを願う者も多く、埋葬時にこうしてエルサレムの砂をひと掴みほど棺桶(または遺体)の上に撒く習慣がある。しかしジョナサンはその象徴的な行為に思わず踏みとどまり、ジップロックしてしまう。この冒頭シーンがカットされているため、ジョナサンの成長を汲み取れるラストシーンでの効果が半減してしまっている。しかもそのラストシーンだけでは、そこにユダヤ的な習慣があることもわかりずらい。

そしてもう一か所カットされたのは、ウクライナでの通訳者である若いウクライナ人アレックスと、今回運転手を勤める羽目になったアレックスの祖父との道中でのワンシーン。話の流れからその時点でアレックスのおじいさんはかつてナチ側でユダヤ人を殺した苦しみを引きずっているのかもしれないと頭をよぎっているのだが、車内でなにも知らずにアレックスにイディッシュ語(字幕ではユダヤ語となっていた)の単語の説明をするジョナサンのイディッシュ語に、運転席のおじいさんがちらりと反応するのである・・・つまり、え?おじいさん、イディッシュ語わかるの?ってことは、隠れユダヤ人かも?と思えるポイントなのだが、これがカットされていたため、おじいさんがどちらに属していたのか、最後までわかりづらい。

もうひとつ、ここはカットではなく、和訳の限界のため、わかりずらくなっていた部分があった。一軒家に住むとある老女にジョナサンが探している村を知っているかと訪ねる。老女は「Ya(わたしがその村よ)」と困惑気味に答える。英語の字幕も「I am」だが、日本語の字幕では「わたしの村」となっていたため言語的なニュアンスからくるおもしろさが欠けてしまったのが残念だった。そしてもうひとつは、その老女の家に保管されている数々の遺品の入った箱のひとつに、キリル文字で「MEHOPA」つまりひと目でそれがユダヤの燭台だとわかる「メノラ」と書かれていたのだが、和訳は単なる「燭台」。ああやっぱりね!と来るところで来れないロスト・イン・トランスレーション的もどかしさ。などなど、映画はおもしろいものの、カットや訳の限界でユダヤ的なポイントが明確でないため、Everything is NOT illuminatedとなってしまったのが少々残念でした。

その他には、アレックスのピッカーンッと輝く金歯、プラスチックおんぼろ車トラバント、ジョナサンは肉を喰わない=コイツどっか異常なんじゃねーの?なウクライナ・東欧・ポイント。

アレ「腹減ってるか?」
ジョ「うん。なにかぼくの食べれるものがあるといいんだけど」
アレ「なんでだよ?」
ジョ「ぼく、お肉は食べないんだ」
アレ「・・・な、なんだって?!」
ジョ「だから、ベジタリアンなんだよ」
アレ「なんだと?!肉食わねーなんて、ありえねえだろっ?!」
ジョ「だって、食べないんだもん」
アレ「じーさん、こいつ、肉食わねーんだってよ・・・」
じい「・・・なんだって?」
アレ「ほんとにかよ?」
ジョ「うん」
アレ「ステーキも?」
ジョ「うん」
アレ「チキンも?」
ジョ「う、うん・・・」
アレ「じゃあ、ソーセージもかっ?!」
ジョ「・・・そうだよ・・・お肉は食べないよ。ソーセージでもね・・・」
アレ「じーさんよぉ、こいつ、肉は一切食わないってさ」
じい「ソーセージもか?」
アレ「そうだとよ」
じい「どっかおかしいんじゃないか、この子?」
アレ「おい、おまえ、大丈夫かよ?」
ジョ「なにがさ?!大丈夫だってばっ!ただお肉を食べないだけだ」

宿のいかついおばさんが注文をとりに来る。
アレックスとおばさんのウクライナ語の会話をジョナサンが聞いている。

アレ「す、すみません・・・肉以外でなんかある?このアメリカ人なんだけど、肉を食わなくってさ・・・」
おば「大丈夫なのかい?その子」
ジョ「なんて言ってるの?」
アレ「肉以外に食いもんはないってよ」
ジョ「ジャガイモか何かないかな?」
アレ「あるけど、肉に添えられてんだよ」
ジョ「じゃあそのジャガイモだけ、もらえないの?」
アレ「すみません・・・その、このいかれたアメリカ人にジャガイモだけってのはだめですかい?」

おばさんは黙って奥へ行き、お皿にゆでたジャガイモが丸ごと運ばれてくるのだが、ジャガイモが床に落ちてしまう。

アレ「ウクライナへようこそ!」

そして・・・。

はらはらさせられつつも、くすくすっと思わず笑みがこぼれるシーンだ。

そしてもうひとつのシーンでは、なぜか昔からオデッサという響きに限りないロマンを感じているわたしにとって「オデッサは男と女が出会って恋をして、家庭を築くのにぴったりの街だった」というアレックスのおじいさんの台詞にきゅんきゅん、オデッサポイント高し。そしておまけは、冒頭で墓地にいるジョナサンの後ろを枯れ葉を掃除する男性が横切ってゆくが、どうもそれはこの小説の作者であるジョナサン・サフラン・フォアらしい(笑)。

最後に、第二次大戦中にウクライナではユダヤ人に対する迫害があったのかという点について。映画の中でもアレックスがおじいさんに「え?そうなの?ほんとかよ?」と驚いたり、おじいさんが「おまえはなにも知らん、ポグロム(欧州各地で行われたユダヤ人を狙った暴動、焼き討ち、虐殺)についてもな(日本語字幕では「ポグロム」は削除されていた)」と言うシーンなど、それとなしには触れているものの解明されていないが、答えはイエス、ポグロムもあれば、反ユダヤの風も吹き荒れ、多くのユダヤ人が亡くなっています。

そしてジョナサンたちが探していたトラキムブロド村は、かつては実在した村だ。ロシア皇女ソフィアがユダヤ人に与えた土地で、ソフィオヴカという別名でも呼ばれていたトロチェンブロドまたはトロチンブロドという村のことだ。1835年に開拓され大きなシュテトル(ユダヤ人村)となり、1930年代末には住民3000人すべてがユダヤ人となったが、第二次大戦中の1942年、ナチによりこのシュテトルのラビはシベリアへ輸送、逃げ延びた30〜40人を除く住民のすべては近郊の村に集められ殺害、シュテトルは焼き払われて地上から抹消。そこにはハシディック派を含む7つのシナゴーグがあったという。しかしこういったことは当時の時代の流れから、ウクライナやポーランド、ロシア、などでは珍しくもないことだった。

そういったユダヤやホロコーストの背景を抜きにしても、ロードムービーとしてとてもよい作品に仕上げっているので、ぜひ観てみて下さい。

広告

『僕の大事なコレクション ー Everything is illuminated』” への6件のフィードバック

  1. 私がBSで半分(後半)しか観ていない、
    でも印象的だったのでブログに書いた映画について、
    詳しく説明してくださってありがとう。なあるほど、突っ込みどころ満載、
    なんですね。年末時間を取ってじっくりDVDを探してみようと思います。
    何事にも先達はあらまほしきかな。

    おみ足の具合はその後いかがですか。御大事に。

    1. 寧夢さん

      はいー、この映画、もっとサクッと簡単に説明しようと思ってもできない・・・(笑)。
      二三回観るとさらにおもしろいかなと思い、
      DVD購入しようかと思いました・・・(が、youtubeで観れると発見)。

      足。
      まったく進展なし。です。
      かなりまずいですーーー・・・。

  2. なるほど、なるほど。
    こういう「知る人」の書く解説、面白いです。

    字幕はやっぱり残念な部分が出てきますよね。
    「ロード・オブ・ザ・リング」第1部の字幕に怒り狂って署名活動をおこし、
    後の方の最終チェックにまで入り込んだのは、私の姉です(笑)。

    ところで、「waltz with bashir」は、Chikaさん的に見てどうでしょうか。
    (まだ観ていないのですが、DVD買おうかなー、と。)

    1. くまさん

      もっとサックリ、あっさり書きたかったのですが、
      まだまだ未熟ですわ。

      「ロード・オブ・ザ・リング」、
      日本語で観てないので字幕がどうなってたのか知らないのですが、
      お姉さんのその熱意、頭が下がります。えらい!

      「waltz with bashir」ですが、観ました。
      ええ、途中まで(笑)。
      というのも、アニメの感じがどうも好きではなかったので、
      観ていて苦痛になってしまって・・・途中で退席しました。

      はなし自体は・・・うーん、
      まあこういう視点もあっていいかなと。
      あの土地の戦争物を理解するのはムズカシイですね。
      あとは自分に当時の戦争経験がないので、
      判断する基準がムズカシイです。
      他の日本の人はおもしろかったと言っていましたよ。

  3. 何年か前にこの映画を見て自分のルーツの場所について考えた一作です。ジョナサンの持っていた古い若かりしお祖父さんの写真や遺品。共通する物が私にもあり、それが私にはウクライナではなくクロアチアです。
    移民1世(90代)も残すところあと2名となり、アメリカに戻った時、その親戚に会うと凄く懐かしそうに昔の話をしてくれます。もう彼らは体力的にクロアチアに行く事は不可能ですが、せめて写真でも撮って見せてあげたい気持ちがいっぱいです。

    たまたま先週末、BSで真夜中に放送していて再度見ましたがやっぱり好きな映画です!そしてこちらに詳しく書かれていたのでちょっと前の記事ですがコメント入れさせていただきました。

    1. kikiさん

      そうですね、
      美しい故郷の思い出、望郷の念、
      なんともやるせないものです。
      歳を重ねるにつれ、
      みんなどこかしらにそういう思いを抱えて生きているのかも。
      クロアチアでたくさんよい思い出の写真が撮れるといいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中