カテゴリー: 月と太陽の傾き

オシラセ3つ。

オシラセ、3つです。

①ハワイアンレッスンの第4章が更新されました。今回は川瀬さんの挿絵もこれまでよりインパクトの強いものになっています。ぜひご覧ください。

■Based on a True Story 「ハワイアンレッスン」(日本語)
テキスト:大桑千花
切り絵:川瀬知代
デザイン:Yoshimean.T
————————————————————–
http://happano.org/hawaiian_lesson/index.html

第4章
4-1 楽園の神の通り道
4-2 いるかの歌
4-3 白い日
4-4 サヨナラ

人が生きていく中で、もし手に負えない困難にぶちあたったらどうするか。現実
をどのように受けとめ、どのように最良の解決策を編み出そうとするか。そこで
出てくるアイディアこそ、その人の「生」まるごとを表わしているのかもしれな
い、と思う。まわりの環境や常識とされるものに常に身を委ねてきた人は、それ
を拠り所としてそこに身を任せるかもしれないし、自分の本心と対話を重ねてき
た人なら自分で決断するすべや何かスペシャルなアイディアを思いつくかもしれ
ない。この物語に登場する4人について言えば、困難に直面した一人の友人とと
もに、他の三人、一人一人が自分の生をも決断しているようにみえる。中でもロ
ランの決断の鮮やかさはずば抜けている。この四人の中にロランという人間がい
たことが、行動の規範に緩やかな道筋をつけているように思えた。この章の最後
に英語と日本語で添えられた、インドの詩人タゴールの言葉が心に残る。

<web book list no.2/original works 7>

②前回投稿したときにここでもオシラセしましたが、この対話ブログのもう一人の投稿者である大黒さんからのメッセージを添えて、もう一度オシラセします。

■ さみだれ式連載・対話ブログ
グロスマンを読みながら(対話への対話)
テキスト:大桑千花、大黒和恵
————————————————————–
http://grossman.blogspot.com/

読者からの手紙 ー DJのNaojiさんより (2009.7.12/posted by 大桑)

前回と同様、読者から大桑さんへのメール、それに対する大桑さんの返信、とい
う形で綴られている今回のポスト。デイヴィッド・グロスマンの著書をきっかけ
に、大桑、大黒がパレスチナ/イスラエルについてのブログ対話を始めて、この
7月で5年がたった。その間に、今回のNaojiさんも含め、読者の方からの投稿も
いただき、小さな輪ながら、大桑さんの言う「少しでもこれまでとちがった新し
い意識を持ち始める事」が起きているのかもしれない、と思う。今回YouTubeの
映像とともに紹介されている、イェメン系ユダヤ人シンガーとイスラエル国籍の
アラブ人シンガーの女性デュオが「There Must Be Another Way」(ほかに道
はあるはず)と歌うように、その道はすぐ近くまで来ているのかもしれない、ま
だ誰の目にも見えないけれど。

③このブログでの投稿をしばらくお休みしようかなと思っています。また自然に書きたくなるまで。やめるということではないです。もともとモノローグ、独り言ブログでしたが、この10日間ほどお休みした間にちょいと考えることもあり、ひとつの区切りになりました。このブログの替わりではないですが、クロアチアの旅情報ウェブのほうでも以前からクロアチアの時事やイベント情報などを簡単に訳して、軽いブログ式で更新しています。あちらではコメントの返事はしませんがクロアチアってこんなんやったんやー、みたいな感想ご意見、コメント大歓迎です。

ということで、ぼちぼちがんばっていきますので、またどうぞよろしくお願いします。あ、わたしは元気です(笑)。もう大丈夫。くーしもたんたんも元気元気、家の中をトムとジェリーのごとく仲良くケンカしながら走り回っています。ふたりはいつも一緒です。

千花

広告