カテゴリー: 月と太陽の傾き

ドヴェルチェ・パレスの午後

トラコシュチャンのお城よりも美しかった。

イリツァ通りから世界一短いケーブルカーでゴルニ・グラドの一郭へ。その屋敷に一歩足を踏み入れれば、窓から見下ろすザグレブの街並も、いつもよりも美しく見える異空間。

(写真は携帯のカメラ。あまりキレイじゃないのが残念)

DSC00542

DSC00452

DSC00460

DSC00456

DSC00525

DSC00530

DSC00528

DSC00531

DSC00517

DSC00478

空色、桃色、木彫り、天使の天井画、それぞれの部屋に施された贅沢な飾りの、ヴェルチェ・パレスでランチパーティー。ひっそりと静かな奥の小さなティーサルンは桃色シルク、ふわふわ綿菓子夢空間。窓からは赤い屋根と柔らかなブルーの空。三部屋続きのビュッフェ。キラキラ、シャンデリア。

パーティーも終り人々が去ったあと。午後の日差しが心地よい大広間のソファーに腰掛けた。すると、かつてのここでの日常のワンシーンのように、若い給仕の男性が『マダム、どうぞ』。はじけては消えてゆく夢の泡。うすい琥珀色のシャンパンを差し出した。

いいね、たまにはこんな午後の過ごし方も。

さーてと、現実に戻りますか。

***

ドヴェルチェ・パレス(Dverce Palace)。ザグレブのアッパータウン、ゴルニ・グラドのロトルシュチャク塔(Kula Lotrščak)にかつてかかっていたドゥヴェルチェ橋の隣りに18世紀に建てられ、1912年に当時のお館様クロティルダ・ヴラニツァニー夫人によってザグレブ市に寄贈された屋敷。残念ながら一般公開はしておらず、昨日のような市民名誉賞の授賞式など市の公式行事のみに使用されている。写真は上から2番目、ザグレブ市長(再選なるか?!)。上から5番目、お館様。フヴァル島出身で大富豪となり、1848年、クロアチア初の財務大臣に任命されたAmbroz Vranyczanyの娘クロティルダ・ヴラニツァニー (Klotilda Buratti-Vranyczany)夫人。上から7、8番目、昔使われていた陶器製のストーブ(kalijeva peć)。

広告

ドヴェルチェ・パレスの午後” への4件のフィードバック

  1. お、マダムチカ様、似合う!! 
    なんだかとっても溶け込んでいますねぇ。
    そういう日常に暮らしているようです。
    電話とって「パパかママいるかな?」といわれる私には夢の夢・・・。(違

    1. Sachiさん。

      わははっ、マダムってますか〜。
      こういう日常、たまには憧れますな〜〜〜。
      現実逃避?(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中