カテゴリー: 旅の空

「ハワイアンレッスン」連載スタート

以前お知らせした連載がようやくスタートします。
葉っぱの坑夫のウェブにて世界中どこからでも読めます。

hwaii-0302-e381aee382b3e38394e383bc

執筆中の舞台裏話はきっと話せるけれど(それはまた別の機会に)、まだこのストーリーを自分の言葉で短く伝えるほどあたまの中でまとまっていないようなので、以下、葉っぱの坑夫の「H a p p a n o U p da t e s」から転載です。

ーーーーーーーー
ザグレブ在住の大桑千花さんによる実話ストーリーです。ときは1996年春。場所
はハワイ島。著者と三人の国籍の異なる男たち、総勢四人があるミッションを胸に、
京都・吉田山を旅立ちます。
ハワイの暖かな風、静かな波音、黒々とした溶岩の大地、ハワイ語で発音される魚
の名前や日々の食べもの、ヤシの木、バナナの木、一見なにごともなく淡々と過ぎ
ていく日常の風景と、四人それぞれのレッスン(challenge)の軌跡が、主人公の
生き生きとした言葉で語られていきます。
川瀬知代さんの切り絵によるハワイの植物が生命の詩を晴れ晴れとうたっています。

第一回掲載は、全七章のうちの第一章(五話)です。

1-1 マーロンとトモコ
1-2 ライスサラダ
1-3 愛したい
1-4 バックトゥ・ザ・80ズ
1-5 壁のない家
ーーーーーーーー

どうぞ、読んでみてください。

「ハワイアンレッスン」

テキスト:大桑千花
切り絵:川瀬知代
デザイン:Yoshimean.T

広告

「ハワイアンレッスン」連載スタート” への6件のフィードバック

  1. 今朝、でかける前に読もうと思ったけどバタバタしてて
    流し読みするのは良くないしと、帰宅してからじっくりと
    読むことにしました(んで、じっくり読みました)。

     生きてりゃ、そりゃあ、いろんなことがあるさ。
     死にたいくらいに絶望するときもあるさ。
     ・・・
     ・・・・・・
     Hey, 死ぬなよな。

    ずっき~んと響いちゃいましたよ。特に最後の『死ぬなよな』。
    死にたいくらいの絶望といやいやまだ何かあるかもしれないの狭間には
    こうして誰かの歌や、誰かの絵や、誰かの言葉で支えられていますね。

    各話の題名ががピンク色になるのを楽しみしてます。

    壁のない家、自分の実家を思い出しました。
    ふすまを全部開けて壁のない家っぽくなってたな~。

    1. チプサルママさん。

      読んでくださってどうもありがとう〜!
      一ヶ月に1章ずつの予定で更新していきますので
      どうぞ楽しみにしていてくださいマセ。

      死なないこと。
      そうですね、死んだらそれでおしまいですからね。
      支えてくれるものに寄りかかってでも
      がんばって生きないと。

      日本家屋のあの臨機応変さ(笑)、好きやなあ〜。

  2. 眩しく輝く海 
    明るすぎる島が 

    なぜかとても切ないです

    満ちているのは 若さ

    切なくて、明るくて、悲しみが
    零れ落ちるような島の光景。

    続きを待っています。

    1. ねこの手さん。

      若さ、
      これはほんとうに
      後から思い返せば返すほど
      切ないモノですね。

      読んでくださってどうもありがとうございます。
      一ヶ月ごとの更新予定です。

    1. 黒沢さん。

      どうもありがとうございますー。
      また4月に第2章です。
      どうぞまた読んでみてくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中