カテゴリー: 不思議のクロアチア

ガラスのコップ

irish glass
irish glass

この街でようやくガラスのコップに遭遇した。

向かいの角のスーパーだった。特価品、13クナ(約200円)、熱いお茶を注いだら割れそうだ。そう思って躊躇して、だけどひとつ連れて帰って、スプーンを一本入れて、ゆっくり慎重にお茶を注いだ。割れなかった。ばんざーい。

スプーンをコップに入れることで、お湯の熱をガラスでなくそちらに注目させる。熱は忠実にスプーンに伝わり、ガラスが守られる。そこまでしてガラスの靴ならぬガラスのコップがほしかったのか。どうやらそうらしいネ(笑)。ほしいと思っていたカタチとは全然ちがうけど、まあ、人生そんなもの。今度、あとふたつみっつ、買って来よう。

実はここしばらく紅茶を断っていた。前歯が一本、茶色く、ジプシーみたいで、歯医者さんで歯垢とりをかねて茶色い部分も白く直してもらった。ネスカフェ、紅茶、たばこ。これが原因だそうで、ネスカフェもたばこも飲まない紅茶大好きなニンゲンは、ここしばらくお茶断ちしてたというわけだった。そうしたら、角のスーパーの棚の上で、ほら、そろそろお茶飲みたいでしょ?とガラスのコップがひょっこりほくそ笑むから誘惑に従う。

イスラエルではあたり前なこのガラスのコップがクロアチアでは見つからない、と以前ここで書いたとき。それを読んだこころやさしき方々から「送ってあげようか?」との言葉を頂いたことがあった。そのときは「考えさせてくださいー」とわけのわからない返事をし、ほんとうはすごーくお言葉に甘えたかったんだけど(笑)、←なんで?→ズバリ、そのお返しができそうもなかったから。

クロアチアの郵便局から他国へモノを送る送料。

まず、平均月給が5000クナ(=約8万円。わたしのまわりでは3〜4000クナ(約5〜6万)のヒトも多い)ほどだということを頭に入れて考えると、クロアチア・ポストの値段は尋常ではない。ここから日本まで、EMS(国際スピード便)の基本料金が140クナ(=約2200円)。巨額、驚愕、ありえん数字。クロアチアからみてかなりの先進国であるイスラエルからのほうが、はるかに安い。レストランのパスタが35クナ前後(約550円)のクロアチアの物価で考えるなら、せめて70クナ(約1100円)ぐらいが打倒。日本に郵送する書類など「この紙切れ一枚が〜ランチ4回分!」と思うと、清水の舞台ならずプリトヴィツェの滝の上に立たされたかごとく、おののき、なんだかやるせない(笑)。いや、ランチは冗談としても、そのモノポリ的な、市民をばかにしたようなシステムに。

ローカルな知人の多くに至っては、クロアチア国内の郵送でも郵便局は使わず、イスラエルで言うところのシェルート、市と市を結ぶミニバン・タクシーとでもいうのか、たとえばザグレブースプリット間のミニバン運転手に10クナほどのお駄賃とブツを渡し、目的地に住む相手宅まで無事届けてもらうことも多い。長距離バスでもおなじようにバスターミナル発着での荷物オンリー運送を承っている。

と、なんの話しかわからなくなりそうな今日のブログ。そんなわけで、クロアチアのそとに住む方々には、箱いっぱいにつまった「クロアチアのおいしい空気」以外はお届けできそうもないなと、ガラスコップをお断りした次第。ひとこと、いつかどこかでこの説明?弁明?釈明?をしたかったのですワ(笑)。

広告

ガラスのコップ” への5件のフィードバック

  1. 【コンポラ】 Compora.com リンクのお願い

    突然のメール、失礼いたします。

    日本・世界の旅行・自然・アート情報サイト「コンポラ」http://www.compora.com/
    事務局の鈴木と申します。

    当サイトでは、良質なサイトをご紹介していますが、
    そのなかで貴サイト
    https://monologue25.wordpress.com/
    を以下のページにて紹介させていただきました。
    http://www.compora.com/World/MiddleEast/israel.html
    もし宜しければ、貴サイトにて「コンポラ」のリンクを
    貼っていただけないでしょうか?
    こちらのページにリンク方法やバナーを掲載しておりますので、
    ご参照のうえ相互リンクしていただけますと幸いです。
    http://www.compora.com/submit.html

    なお、当サイトはYahoo!カテゴリの「旅行、観光」カテゴリ掲載サイトです。
    http://dir.yahoo.co.jp/Recreation/Travel/

    以上、ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

    コンポラ事務局 鈴木
    http://www.compora.com/
    contact@compora.com

  2. めぐり会えましたか~ガラスのコップ。よかった、よかった。
    こうして紅茶の色も楽しめるとガラスのコップっていいですな~。

    国際郵便は日本も高い。
    頼まれて大判和紙3枚を筒に入れて日本から送ったら
    1500円くらいしました。基本料金が高いのね。

    アメリカはもう少々お安いかも。
    でも、郵便局はいつも長蛇の列だし
    スタッフによっては信じられないほど横柄だし。
    安かろう悪かろう、ですかね。。。

    1. チプサルママさん。

      その節はどうも(笑)。
      そうなんですよ〜、ようやく出会えてまたまた紅茶な日々です(笑)。

      昔、アメリカは郵送が安いなあと思った記憶がありますワ。
      (今はどうかわかりませんが)
      郵便局局員の横柄さ、わははっ、あれって公務員だからでしょうか、
      イスラエルでも彼らの太々しさはすごかったデス。(笑)
      ザグレブはそういう意味ではふつうな対応ですけどね、
      いかんせん料金が。
      円にするとそうでもないんですけど、
      現地の物価の感覚の問題ですよね〜。
      こちらの2000円は日本の4000円ぐらいの感じでしょうか。

  3. ずっと以前にイスラエル繋がり(?)でリンク申請させて頂いた者です。
    (Shallom!というブログ持ってました。)
    って、今まで千花さんのブログはちょこちょこ覗いてはいたのですが。

    ガラスにスプーンを入れて熱を逃がす方法、私はマケドニアで教わったのを思い出して思わずコメントしました(笑)
    ひょうたんの形のチャイコップと言うんでしょうか、「これ熱いの注いで割れないの?」
    とアルバニア人に聞いたところ、スプーンが熱を取るから大丈夫とのことでした。懐かしい。

    そして日本ではちょこっと「D*L」という国際配達会社のカスタマーサービスにもいました。
    確か一番安いサービスで250g・書類・現金払いは、日本からクロアチアまで5500円くらいでしたが、高い!と言われるお客さんには約3倍は安いEMSを案内したりしてました。(怒られますが)
    それでもクロアチアの月収を考えるとEMSで約2200円はビックリです!
    日数もそこそこかかるんでしょうし。

    1. ヨウコさん。

      こんにちはー。お久しぶりです。
      マケドニアとかこの周辺ではコップのスプーン=一般常識みたいな。(笑)
      おもしろいですね〜。
      あのトルココーヒー&チャイ文化から来るのかも。

      250gで5500円〜!!それもすごいかも・・・(笑)。
      これだけ世界が狭くなっているのに
      郵便事情はまだまだですな〜。
      EMSだとザグレブから日本までだいたい一週間ですね。
      日本からだと四日ほどですか。けっこう早いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中