カテゴリー: ユダヤ雑学

Once Upon a Time in…

なんだか頭の中が忙しくて。

疲れてベッドに入るとあれこれ思っていたことがブワーッとひとりでに話しはじめて、ブログに書こうと思うものの、それから起き出すのもなんだか眠れるタイミングを失いそうで。

久しぶりに好きな映画を観た。Once Upon a Time in America. あの物悲しげな曲と、限りなくロマンチックで切なくてゆっくりと丁寧に進んでいくフィルムは今では到底作れない。

舞台は1920年代、アメリカの禁酒時代のブルックリン。街並みのバックにウィリアムズバーグ橋が映っているので、舞台はロシアやリトアニア、ポーランドなどからのユダヤ移民が多く住んでいたウィリアムズバーグあたりなのだろう。そのユダヤ移民の子供たちがギャングとなっていく姿を描いた映画の冒頭では真っ黒な服を着たユダヤばかりのユダヤ人街も、映画の中の時代の移り変わりとともに変化してゆく。主人公たちの出入りする、いかにも欧州またはロシア系のユダヤ人街らしいマゲン・ダヴィッド(ダヴィデの星)が窓ガラスに描かれたレストランも、物語後半では窓のマゲン・ダヴィッドの上に「カシェル」とヘブライ語が加えられている。これほど美しく風格あるカシェルのレストランが実際にあったのだろうか。今までの実生活では見たことがないが、もし今もウィリアムズバーグの片隅にひっそりとあるのなら、そのドアを押してみたいと思わせる。

少年時代の主人公(大人になってからはデ・ニーロ)が恋する少女、そのレストランの娘、デヴォラ(ジェニファー・コネリー)も、ほんとうに美しい。バレリーナを目指してレストランの倉庫でひとり、蓄音機から流れるメロディーに舞う。と、おやっ?あの当時のウィリアムズバーグのユダヤ社会で、しかもハシディック家庭に見えるその一家の娘として、バレリーナになること、人前で踊ることは可能だった?映画だからか?そのおなじ街にも主人公たちのようなユダヤ・マフィアが実際にいたのだから、当然移民ユダヤ人のみながみな信仰ある者だったわけもないが、ペサハのシーンではみなが信仰ある人に見えるのはおもしろい。このあたり、もっと知ってみたい。いろいろツッコミ所もあるが、映画だからね。でもこんどI君にメールして聞いてみよう。ユダヤに興味があってもなくても
、アメリカの中の一種独特な移民たちの小さな世界、友情、哀愁、音楽が、これまたデ・ニーロのDeer Hunterとオーバーラップする名作ということは間違いない。


「メシュガ(またはムシュガ)(meshuga=狂ってる)」「シュマック(schmuck=アホなヤツ、ワ〜サイアク、)」なんていうイディッシュ語も。
街角の様子もすばらし。


ペサハの祭りのころのシーン。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中