カテゴリー: 勝手にレシピ備忘録

葉っぱ

ダルマチア(南クロアチア)産のほうれん草が旨い冬のザグレブ。
大型スーパーの、いったいどこの産物かわからないのとはひと味ちゃうねん。
ドラツ市場でその小さなほうれん草たちを見ると、うれしくなって、
いつものおばちゃんとこで、いつも1キロまとめて買って来る。

špinat
špinat

シンクで水をじゃーじゃー流しながらザブザブ洗う。
だって、おいしそうな泥が葉っぱの裏にいっぱいついてるねんもん。

大きな鍋で

アマクテオイシイ
アマクテオイシイ

サッと茹でる。
このピンクなところがまた甘くってね。
ちらり、お醤油だけでも旨い。

アドリア海のお魚をプライパンでオリーヴオイルで焼いて、
その油でほうれん草とブリドヴァ
(和名=フダンソウ、オオサカではウマイナ、オキナワではンスナバーだって)と
コロマチ(ディル)、紫タマネギ、パプリカもサッとジャッと炒める。

ブリトヴァとほうれん草の炒めものはウマイナー。スマン…。
ブリトヴァとほうれん草の炒めものはウマイナー。スマン…。

お魚と野菜炒めにはガーリックのみじん切りを浮かべたオリーヴオイルで
風味豊かに。
健康、ダルマチアな食卓、デキアガリ。

広告
カテゴリー: くーし&たんたん, 月と太陽の傾き

250円でできちゃった。むふっ♪

ものがないよー、好みが合わんゾー、

そう言い続けて早いく年。
じゃないけれど。(笑)

もうこれ以上は自分の美意識の限界じゃ、
と、角のスーパーでペーパーナプキンを買った。
20枚入りで16クナ。エンで250円ナリ。
一枚12.5円、使ったナプキン6枚=75円!
むふっ♪
よいじゃない。

ベッドルームの小さな引き出し。
もうねー、
ここの前の住人の幼児が使っていたもので、
落書きやらなんやらでぐちゃぐちゃ、
その一家の新しい引っ越し先にも連れて行ってもらえずに
打ち捨てられていたものだから
見る度になんとなくこころがサムーくなっていた品。

もともとはこんなんよ。あ、側面もう貼付けちゃったけど。
もともとはこんなんよ。あ、側面もう貼付けちゃったけど。
正真正銘の乙女なたんたんチェック入ります。当然。
正真正銘の乙女なたんたんチェック入ります。当然。

どうせそのうちに新しいの買うし、
そう思ってとりあえず使用していたのだが、
そうは問屋が卸しませんザグレブ。

エルサレムですら
箪笥などに貼る、
ええっと、ああいうのってなんて言うんでしょうね、
壁紙じゃないけれど、
ビニールのシールっぽくて
反物みたいにくるくる巻いてあって。

ま、名前はなんでも、
そういう便利な子供騙しのものがあって、
それでもけっこう模様替えとかに使えたわけ。

だけどここの街なかではそれも見当たらないので(郊外の雑貨モールにはあるの?)、
しょうがないじゃない、
もうペーパーナプキンですヨ。
でもね、柄もいろいろあるし安いし、
乙女(←いくつ?)な花模様なんかもあるしね。

その3枚重ねのペーパーナプキンを一枚ずつ剥いで、
上の薄いプリント柄のものだけを
ふつうのノリでペータペータ、貼付けただけ。
細かいところは気にしない。
あ、やっぱりもうすこし丁寧に貼ればよかった気もするけど(笑)。
所要時間、一時間はかかったかも。

仕上げはマイスター・くーしのチェックで。どれどれ?
仕上げはマイスター・くーしのチェックで。どれどれ?

ハイ、たんたん乗せてできあがり。はがした残りのナプキンもちゃんと自分用に使うよ〜。
ハイ、たんたん乗せてできあがり。はがした残りのきれいなナプキンもちゃんと自分用に使うよ〜。

ちょっとトップがイマヒトツだけど、
たんたん乗せればわからないし。(笑)
ベッドルーム、電気も暗いし。(笑)

カテゴリー: イスラエル, 不思議のクロアチア

住めば都 ザグレブ編

こんなとこには住めん…とまでは言わなかったものの、
キョウト、カナザワ、ベルリン、
マンハッタン、ブルックリン、テル・アヴィヴ、エルサレム、
これまで住んで来た街でいちばん感覚が合わなかったザグレブ。

最後の生息地だったエルサレムと比べてみると。

家屋編
〜「ええやん〜♪」なこと
給油タンクのお湯じゃなく、
ガスで温められたお湯が蛇口をひねれば永遠かのように使える。(←日本なんかじゃふつう。でもポイントかなり高し!)
=お風呂の水張りだって余裕。
アパートなどの建物は古くとも、
外壁はふつうに厚く窓も二重窓なためすきま風少なし。
=冬場でも家が冷蔵庫と化さない。(←これもポイント高し!)

〜いまだに「おぉっ?」なこと
家賃が非常識(つまりバカ高い)。
これはイスラエルもおなじか・・・。

食べ物編
〜「ええやん〜♪」なこと
イスラエルのように荒野を開拓して植えた農作物ではないので
野菜や果物が瑞々しくナチュラルな味で旨い。(←またまたポイント高し!)
20年前のイスラエルのあのころのぶどうの味に似ている。
水も旨し。
お菓子も旨し。
クロアチア版のミルキー(チョコムース?)も売っている(笑)。
さすがにバンバはないけど(爆。スマン、ローカルネタで)。
食べ物に関しては圧倒的にクロアチアに軍杯あり。

〜いまだに「おぉっ?」なこと
パンは味がないか塩っぱすぎる。
ピタを焼いてローカルなトモダチにあげたら「なんで甘いの??」と驚かれ。
パンだって多少の甘みがないとねえ。
スパイス類の品揃えがイマヒトツ。
(まあ、エルサレム、一応中東ですからね、スパイス豊富すぎ!)
コリアンダーが売ってない。
ミントが固い。
ミントティーを頼んでも市販のティーバッグ(ミントの葉を入れてくれーっ!)。
エルサレム旧市街のアラビーでスパイシーなコーヒーがない。
(ボスニア、サラエヴォあたりならあるのか)

街なか編
〜「ええやん〜♪」なこと
トラムがかなり便利。
カフェがどこにでもある。
例えばギロのようなエルサレム郊外のベッドタウンでもローカル喫茶店多し。
小さなスーパーなんかも多い。
新聞やガムなどが買えるキオスクもあちこちにあり。
カフェやレストランのウェイターのマナーよし。
イスラエルのようにチップいらず。

〜いまだに「おぉっ?」なこと
あるだけでもあり難いと思わねば、のドラツ市場。
とはいうものの、冬場は午後3時頃、夏でも四時頃にはオワリ。
終うのが早すぎる。
エルサレムのマハネ・イェフダでは日によっては冬なら6時頃、
夏なら8時でも開いていた。(至極便利)
街なかにちょっとした日用雑貨店が少なすぎる。
物価が高すぎる。
ものがなさ過ぎる(エルサレム以上に)。
アジア食品店は皆無(けっこうキツいね、これ)。
夜の街灯が暗め。
タクシーの流しがない、タクシー運賃が極悪人(バカ高い)。
自転車がとても便利そうな街なのに、
自転車のセンスがいかつくしかも価格は非常識(バカ高い)。
センスの悪さと極悪価格はファッションにも反映、
ちょっとデザインがましだと思たブーツ一足3000クナって、
その辺の人の給料一ヶ月分ってあり得ない。
ほしい!と思える服+靴+バッグはなにも売ってない。
感覚的には神戸の高架下、
キラキラギラギラお水系、
ザーマス系、悪女系。
(イタリア系ファッション多しのスプリットはまだまし)

人々編
〜「ええやん〜♪」なこと
よくいえばしっかりと地に足がつき、
しかもやたらと人間くさく、
でもカフェなどでの奢りっこはごくごくふつう(笑)。
お澄ましザグレブといえども上辺だけの友情はあまり成り立たない。
ひょっとするとイスラエル人以上に人懐っこいことも。
よくもわるくもなにかとコネがものをいう。
お天道様の高い日中にカフェで何時間もだ〜らだ〜ら
友人と時間つぶし暇つぶししてても
罪の意識を感じない。
(まわりの大人もそうだから。笑)

〜いまだに「おぉっ?」なこと
脳みそガチガチ、
ナローマインド、プリミティヴな人が多い。
が、イスラエルのミズラヒ系プリミティヴには遥か遠し。
物事の運びがスローすぎる。
握手されると男女関わらず「むぎゅ〜〜〜っ!」と馬鹿力で
「ダーーーっ!痛ってーー!」手の甲の骨が砕けそう。
手もでかいし厚いし、
みんなバイトで土方でもしてたんかいな?ってなくらい。
それに比べるとイスラエリーとの握手は死んだ魚みたいにテロ〜ン。
やる気ナシかゲイっぽい。

風土編
〜「ええやん〜♪」なこと
はっきりした四季がある。
雪が降る。
木々が多い。
水、花、海、森、自然が美しい。
市内の公園にリスがいる。
雨が優しい(エルサレムでは大粒でガシャガシャ降りつける)。

〜いまだに「おぉっ?」なこと
乾燥度の高いエルサレムに比べ、
夏場、べたーっと湿気を感じる(他の国から来た人はかなり乾燥していると思うらしい)。
砂漠がなく寂しい。
死海がなく悲しい。
エイラットが遠い。
紅海も遠い。
乾いた景色やらくだ、ヤシの木が恋しい。
海に行くとテル・アヴィヴを懐かしく思う。

自分編
ここにも徐々に慣れて来たためそこそこ住みやすくなって来た。
とはいうものの、
いまだにイスラエルの癖が抜けず、
たとえば電話でのプラクティカルな対応、
食べ方が雑、身なりを気にしなさすぎ、
会話中の身ぶりがでかい、
会話がストレート、など、
あまりにもイスラエリー化しているので
周囲のザグレブな友人たちが戸惑うことアリ(笑)。

とりあえず
そんなとこかなー。

カテゴリー: 月と太陽の傾き

メモリー

ふしぎなものだ。
昨日いつなにを食べたのかすら思い出せないのに
何十年も前のできごとのかけらは憶えていたりする。

なんらかのインパクトが、
あるカタチでココロというチップに記憶され、
しかもそれらはかなり自分の都合に合わせてリメイクされ、
脳内のスクリーンにほんとうのことのように映し出される。

わたしの、幸いにも唯一の戦時下体験、
もう10年ほどになるエルサレムでの戦々恐々とした日々も
当時の映像の断片がココロチップに残っていても
あのときの口にもできなかった恐れや悲しみは
もうふるいにかけられ変化したものとなって、
ああ、そんなこともあったねって。

再生とリヴァースと想像と創造。
あたまチップはもうメモリー不足で
余裕がない。

メールの返事やらなんやら、いろいろ滞ってます。
ごめんねー。
メモリーに空きができたら。

memories
memories

ハラヘッタナー。

カテゴリー: くーし&たんたん

花盗人ならぬ

花喰い猫

the rose eaters
the rose eaters
yummy!
yummy!

ドラツから連れて帰って来たバラの花。
オレンジのはイマヒトツ不人気で、
薄いローズ色のが美味しかったみたい。
だけどほんとうのくーしのお気に入りは
真っ赤なビロードみたいなの。
ロマンチックなやっちゃなあ〜。(笑)

今日のドラツの花市場、
桃のような、でももっと濃い桃色のつぼみと花をつけた枝を見つけた。
店の毛糸の帽子のおじちゃんに聞いてみると、
アーモンドだって。
へー。エルサレムのはもっと淡い。

ネギは猫に有害である。
そうよく聞くのにかかわらず、
ネギをかじるのが大好きなくーしとたんたん。
かじったあともケロリ、
体調が悪くなるわけでもない。
獣医をしている知人に聞いてみた。
「どの猫にとっても大きな害があるわけでもないと思うし、
猫だってそこにあるなにかが不足しているから欲しいわけで。
言ってみれば土だってカルシウム、カリウムがあるから食べるんだよ」
とのことで、
「猫だってそんなにあほやないで。
命取りとさえ言われるユリの花も根っこも
春先の栄養をたくさん蓄えた時期は危ないこともあるだろうけど、
危ないと言われるものでも1年中危ないわけじゃない。」
なるほど。
動物にとったらまわりに草木があるほうがよい、とも。
そーねー、こうしてバラだって食べるわけで、
バラが生けてあるコップの水は
なにがなんでもゴックゴック飲むわけだから(笑)。
(これもワタシには理解不能)

まあ、様子をみながらってことかな。

カテゴリー: くーし&たんたん

たった今の彼

ねえ、くーし。
ねえ、くーし。

この一枚をじーっと眺めていて、
ああ、本棚の横に階段箪笥があれば
くーしもらくらく、とんとんとん、棚の上に登れるなあって。
小物の収納にもなるしね、
こんなのヨ、って大工さんに写真でも見せて作ってもらおうかしら?
古道具みたいな情緒的なものを一切望まなければいいわけで、
イケヤっぽくてもいいからって、
うーん、それでも感覚的にムリかな〜?(笑)
もうここまで来たら(どこまで?)自分で作るってのも、
アリかもね。

あれ〜?
あれ〜?

モノトーンで撮ったはずのくーしがカラーで出て来たヨ。

コンデジはどうも夜が弱いようデスネ。
ピント、あまあま。

エルサレムの旧市街、アラビーなお店で買ったクッションカバー。
エルサレムでは単にアラビーなだけだった刺繍のパターン。
ここに来てからはどうもお隣のボスニアちっくに見えてしょうがない。
どちらもムスリムではあるけれど。
所変われば感覚も変わる、かな?

たんたんは玄関横の段ボールの中で、むぎゅっ、と就寝中。
なんにせよ、平和だね。

カテゴリー: イスラエル

嗅覚

ときどき気に入った動画を保存したくても保存できないYoutube。

しかしmetacafeでは保存もノープロブレム。人気の動画には賞金もついたりと、なかなかおもしろいじゃない。とりあえず、metacafeで見つけた簡単なアレンジで鞄や水着を作ってしまうGiannyちゃんのビデオ、作品のおもしろさもさながら、彼女のいかにもラテンな明るく健康的なノリに魅せらて。

Turn a Standard Shirt into a Sexy Outfit ふつうのブラウスをセクシーにリサイクル
(うまくブログに動画が載せられなかったので観たい方は↑クリック。損はしません。笑)

metacafe。なんだか匂うなあ、イスラエルの香り。くんくんくん、あ、やっぱりや。もともとは2003年にEyal Hertzog(エヤル・ヘルツォグ)というテル・アヴィヴのユダヤ系イスラエル人が作ったそうで、現在はYoutube同様、世界的な動画サイト。さすが、ハイテク国イスラエル。といっても、ロシアから移住して来た多くの技師や科学者、アメリカの若いハイテク人の移住、ユダヤ系投資家、軍の技術開発、インテル、IBM、マイクロソフト、などイスラエルのほんとうのハイテク業界からすればこれぐらいはお茶の子さいさい。イスラエル、複雑で可能性無限大でおもしろい国である。クロアチアも負けずにがんばれー、と思うものの、所詮土台がちがいすぎるか・・・。いや、でもがんばれ・・・ヨ。

*コメントをスレッド形式にしました。コメントを投稿してくれた方の下に直接わたしの返事がつくようにしましたヨ。そのほうが見やすいかなと。どう?