カテゴリー: 月と太陽の傾き

ミモザに包まれたい

mi・mo・za
mi・mo・za

花のいのちは短くて
たった一日だけ輝くミモザ
だからなおさら愛おしい

ミモザ
ずっとむかしになにかで聞いたこの花の名
ようやく出会えたよ

そっとにぎったミモザの花は
ふわふわ存在しているのかいないのか
なんだかちょっとここちよくひんやりして
ホテルの部屋いっぱいに広がった
すーっ
ミントのような
透き通った氷のような
ふしぎなふしぎな香り

隣りのモンテネグロの海辺の街
ヘルツェグ・ノヴィでは
ミモザが咲き乱れるんだって

mi・mo・za
mi・mo・za

夜明けまで咲いていてと
窓辺に置いたガラスのコップ
眩しい碧い海の反射で目覚めれば
昨晩とおなじ美しく澄んだ香りに
こころほんわり
こんなすてきな朝もあったんやね。

みんなにもシアワセのおすそわけ。

広告

ミモザに包まれたい” への8件のフィードバック

  1. わー、素敵。
    明るい黄色に一足早い春を感じさせていただきました。
    いつかその澄んだかおりを体験してみたいです。

  2. 私、ミモザが大好きなんです♪
    モンテネグロの海辺の街ヘルツェグ・ノヴィというところ、とても気になります!

    1. izumiさん。

      おっ、ミモザ倶楽部、作れますね(笑)。
      ほんと、ふわふわ、すてきでしあわせな花でした。
      ヘルツェグ・ノヴィ、
      昔はほんとうにきれいな海辺の街でしたが、
      今はどうなんでしょうね。
      わたしも気になってます(笑)。
      今年、来年あたり行ってみたいなあ。

  3. ミモザって春を告げる花なんだってね。とても好きな香り。
    アブソリュートのエッセンシャル・オイルが欲しいけど、
    けっこうするんだよ。生花だなんて、ゴージャスやなあ。
    それにとてもステキな写真。なんかとてもいい旅だったみたいね。
    そんな感じがするよ。

    1. おやび〜ん。

      コメントごめんよー、スパム扱いになってて(爆)。
      おやびんこそ、こーゆー乙女シャシン、けっこう好きよね〜(笑)。
      ミモザの香り、ほんまにふしぎ。
      クールビューティーって感じかな。
      昨日ドラツ市場のそばでもミモザの生花売ってたよ〜。
      買い忘れたけど(笑)。

      うん、久しぶりの海、よき人々、温かい空気、
      よかったよ。
      ザグレブには帰りたくなかったなあ〜(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中