カテゴリー: 月と太陽の傾き

おしり

相変わらずなんだかズーンッ、やる気ない日々。
写真展で使うシャシンを選ばないといけないのに、
どこから手を付けたらいいのやら、のばしのばし。
究極におしりに火がついてからじゃなきゃ動けなさそうな予感。

来週半ばにはシャシン・スライドショーで
お年寄り向けのジャパニーズカルチャー講義があるのに、
それもまだほとんどまとまってない。
6年ほど前に大阪を訪れたというイェリツァに
「なにがおもしろかった?」
尋ねてみると、
「トイレ!」
だって。
ウォシュレットのことらしい。
なるほどね。
おしりに火がついてもこれがあれば大丈夫?
「おしりだって洗ってほしい」
80年代当時(82年)はかなり衝撃的だったあの戸川純のCMが懐かしい。

この日本トイレ事情大改革のCMから25年以上も過ぎ(!)、
今ではウォシュレットはフツーになり、
こうしてクロアチアの僻地で言われてみるまで気がつかない
ふしぎ日本のあたりまえ。
ザグレブでもトイレの便器横にはビデがあるけど、
それよりもやっぱり、TOTOのウォシュレット。
日本を代表する文化的産物。
低コストに抑えられればここでも普及しそうなのにね。
でもかなり贅沢品のイメージかな。

女性には異文化の食事、住宅、トイレ事情、
講義のトピックにするにはおもしろいね。
うん、講義なんて書くとアレだね、仰々しい。
レクチャー、お話会、そんなゆるい感じがいいな。

広告

おしり” への2件のフィードバック

  1. そうそう。
    ウォシュレットも、あたたかい便座も、タンクの上の手洗いも、トイレスリッパも、便座カバーも、外のトイレで敷く紙も、音姫も、たまにある自動で上がる便座も、
    「すごーい!」と、外国人の皆さん、目をキラキラさせて語ってくれます。
    かと思うと、突然和式があったりしてね。

    1. くまさん。

      和式のトイレ、
      妙に懐かしかったりして。
      ザグレブにもときどきふる〜いトイレでは
      和式のようなのがありますワ。
      使ったことないですけど。
      ね〜、日本のトイレ事情、おもしろいですよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中