カテゴリー: 勝手にレシピ備忘録

洋梨と柿のケーキ

画像が上手く撮れなくて、
いろいろと「ビル火災と野次馬」みたいになっちゃってますが(笑)、
イェラチッチ広場のカウントダウン。
(しかもYoutube用に映像の解像度を低くするからぼけて見にくいね…)

イマヒトツな盛り上り。
ま、ユーゴ時代にはなかった行事、
まねっこはまねっこでしかあらず、といったところ。

クリスマスが終わっても
テレビではクリスマスをテーマにしたハリウッド映画が
まだまだ放送され、
カウントダウンにも
赤いサンタの帽子の人たちもあたりまえ。
正教のクリスマス前日の1月6日まではここにクリスマスツリーあり。
日本のあのクリスマスの翌日には跡形もなく
片付けられてるって、ほとんど脅威。

23:40、イェラチッチ広場へ向かう途中、
爆竹の音やら夏休みに川原でするような打ち上げ花火が
うるさいったらもう。

バーン、パパパパッ、ドーン!

…ドキッ。
いやね、イスラエル生活でどうもこういう系統の爆発音は
エルサレムの自宅の屋上に聞こえてきた自爆テロだとか、
北部のナハリアの山に住んでたときに聞いたレバノン国境近くの
ヒズボラの撃ち合いの音だとかと重なって、
ドキッとするね、一瞬。
これをヒトは「戦争のトラウマ」と呼ぶ。かな?(笑)
でもここだって、ザグレブだからね、
こんなドサクサにまぎれてってこと、あってもおかしくないし。

さて、新年からなんの話しやー、
と言われても困ります(笑)。
新年にして日本のような謹賀新年の雰囲気にあらず、
1月2日からもうふつうの日々。
習慣づいたユダヤの新年も10月に済んでるしね。

誰かがやってくる〜。
img_2564-copy

誰かが狙ってる〜。
img_2566-copy

洋梨と柿のケーキ。
いやー、ケーキなんて作ったの、
高校生、いや中学校以来かも。

いきなりケーキなんぞと思い立ったため、
日本未体験の同居人(いつからいた?とかツッコミなしで。笑)に
「日本では元旦には必ずケーキを丸ごと食べます」と
都合の良い真実をニカッと笑顔で伝え、
冷蔵庫にあった果物が
洋梨と柿だったからそうなった。

熟した柿には搾ったレモンとほぐした実を混ぜて、
洋梨はそのままシャリシャリっと。
ほんとうなら果物は少々お砂糖で煮たものがええんやろうけど、
ま、手抜きから新しいアイデアでええやん(笑)。
なかなかさわやかでグーでしたヨ。

ザグレブで売っている洋梨、うましっ!
日本でもエルサレムでもさほど美味しいと思ったことがなかったけどね、
いやー、この洋梨(イタリア産なんやけどさ。笑)の香り高いことったら!
こちらの地酒にぽーんっとひとつ入っているのもなっとく。
甘い香水みたいでシアワセな味ですワ。

と、まあ、
まったく一年の志、なんてものもまだまとまらないうちに
2009年になってしまいました。
ま、ええやん。
そんなものさー。
ああ、さいきんこの言葉が多いなあー。

ということで、どうぞ今年もみなさんよろしくデス。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中