カテゴリー: 月と太陽の傾き

fritula fritule

夏場のイェラチッチ広場の特設ステージで、
うるさいぐらいに繰り広げられる
野暮ったいポップ音楽コンサート、
民族ダンスパフォーマンス、
垢抜けないサッカーイベント。

その同じステージとは思えない「もういくつ寝ると」、
毎夜聴こえて来るほのぼの牧歌的な子供たちの歌声、
イタリア語の歌、ワーッ、拍手喝采。
待ちぼうけ、買い物帰り、待ち人現る、
ガタゴト、行き交うトラムの滑る音。
華やいだ吐く息白い東欧のちいさな街。
誰も彼も、ホームレスのおじさんすらも、
どこか遠くを見つめ、うふふふっ、
幸せそうに彷徨い歩く。

そんな家路、
クリスマスマーケットを通り抜け、
くんくん、あっ、
fritula fritule 
フリットゥレ、フリットゥラ♪

思い出すなあ、縁日の、
ぶっといマジックで描かれた眉毛のおっちゃん屋台のミニカステラ。
北野の天神さん、終い弘法、祇園の街角、えべっさん、
京都で見かける小指がなかったりな元気印なおっちゃんたち。

南クロアチアのダルマチア地方の冬のお菓子、
クリスマスのお菓子、fritule。
(フリトゥレ、単数ならフリトゥラ)

小麦粉とお砂糖をミルクと炭酸水でまぜまぜして、
ドーナッツの要領でジュワ—っと揚げる。
揚げたて熱々に粉砂糖やレモンジャムをトッピング、
爪楊枝でポンポン。
あー、フフッ、たこ焼きみたい?
あー、それともハヌカのスフガニヨット?

ひとーつくださいなー。
はいよー。

あれ、カメラ持ってんの?
うん。

じゃあさあ、ここに飾る写真撮ってよ!
フリットゥレ、食べ放題、
レモンジャム一瓶も持ってけドロボー!

えっ、ほんまっ?!食べ放題?!
よっしゃー、まかせといてぇー。

そんなこんなで
熱々フリットゥレをポイッ、パシャリ一枚、
ポイッ、パシャッ、
はいよー、明日CDにしてもってくるねー。

あらあら、フヴァラ、フヴァラ(ありがとう)、コニチハ、サヨナラ!
ハイハイ、どーもどーも。
それじゃあまたあした。
ニカッ。

_mg_0164-2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中