カテゴリー: 不思議のクロアチア

少数民族

病院へ行け、ひょっとして肺炎かも?
たくさんのお気遣いコメントどうもありがとうございました。
咳止めシロップで咳はだいぶんとおさまりましたが、
来週、一度診てもらおうと思いますデス。

_mg_0666

ひとつひとつを消化する前に日々が過ぎて、
ブログに書こうにもどこから手を付けたらよいのやら。

ナショナルマイノリティーと呼ばれるクロアチアの少数民族。
ザグレブのコンサートホールで毎年行われるその
少数民族たちによるパフォーマンス鑑賞にお呼ばれの昨夜。

イタリアのかわいらしい民族衣装にフォークダンス、
トルコ帽に千夜一夜物語のカラフルな衣装のボスニア、
アルベニアの荒々しく岩のような歌と踊り、
ジプシー娘たちのくねくねダンス、
ふくらんだペチコートがお人形のようなハンガリー、
踊るのもめんどくさいらしいスローなモンテネグロ、
思いっきりユダヤの音だったロシア民謡と
そして艶やかなウクライナの踊りと若いエネルギー、
ヴォッカがあの跳躍を生み出すのか、ジャンプジャンプジャンプ、
そして、おや、これはなに・・・?と首を傾げたユダヤ民族の踊り。

18近くもの少数民族グループによるパフォーマンスは
どれも個々の民族色をよく醸し出していた。

クロアチアの少数民族、
かんたんに言ってみればこんなこと?

たとえば日本という国が崩壊し、
各都道府県がホッカイドウ国、オオサカ国、トウキョウ国と
みなそれぞれ、独立国となった。
たとえばそのひとつ、トウキョウ国。
ここの国民の大半はもともとこのトウキョウに住むトウキョウ民族。
しかしそのほかにも、
アキタ民族、オキナワ民族、ヒロシマ民族、ツガル民族、オオサカ民族、
全国津々浦々から何代も前に移住して来たいくつもの民族が住んでいる。

そしてたとえば、わたし、トウキョウ国に住むキョウト人。
トウキョウ国の大半を占めるその生粋トウキョウ民族ではく、
異民族、いわゆるよそ者であるキョウト民族のわたしは
トウキョウ国の少数民族に属する一人だ。
わたしのように生粋トウキョウ民族ではなく
よそ者コミュニティーに属しながらでも一国民としてこの国に住む者は、
トウキョウ国の少数民族とよばれている。

とまあ、そんな感じかな。

クロアチアにはそういう否クロアチア民族である人たち、
こんなにたくさんの少数民族がいるわけねデスネ。
その各民族のお国自慢大会、が、昨夜のパフォーマンスだったわけ。

まあ、今日はこの辺で。

広告

少数民族” への4件のフィードバック

  1. わかりやすーい。
    そんじゃー、オキナワ民族のワシはエイサーでも踊ろうかな(笑)

    咳がおさまってヨカッタねー、ちゃんと元のカワイイ声にもどった?

  2. にぃにぃ。

    まいど〜。
    にぃにぃの民族衣装姿が目に浮かぶ〜(むっちゃにあいそう。笑)。

    >カワイイ声

    うはっ、にぃにぃに聴覚の問題があったとは!(笑)
    でもありまとー。

  3. えっ、まだ咳きちんと止まっていないのですか。
    まさか結核なんかもらってきていませんよね・・・医者にかかって下さい。

    踊りの動画、こういうのは本当は舞台のものじゃないんだろうなー、としみじみ思いました。村の広場や酒場なんかで、観客も一緒に踊りの輪に入ったりして・・・なんでしょうね。

  4. くまさん。

    はい、止まってなかったんです。
    病院ひとつも時間がかかるザグレブ、
    とりあえず来週、行って来ます。

    そうですね、村の祭りで踊ったり、
    生きたものだったのでしょうね。
    そう思うと寂しいです・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中