カテゴリー: 月と太陽の傾き

ロシア引っ越し屋と金沢の雨

エルサレムのロシアにーちゃんたちの引っ越し屋。これまででいちばんパワフルだった引っ越し屋だった。あのロシアにーちゃんたちの、ガッツと動力に勝る引っ越し屋はおそらくいない。いかにも共産圏の教育を思わせる統率力にロシア男の底力。とりゃー!たーっ!そらよっ!もういっちょーっ!金髪に碧い目で真夏の乾いたエルサレムを汗だくで、背中にタンスを担ぎひもでずり落ちないようにと括りつけ3階まで駆け上がり、また駆け下りたと思ったらお次ぎは背中にテレビをしょって駆け上がって来る。したたる汗に飲み物をすすめると、ヴォッカを飲み干すがごとく仁王立ち。カーッ!と流し込んだと思うとまたミッション遂行中の兵隊たちは素早く駆け下りていく。地中海側の街のとあるハイテク企業では社員の半数が若いロシア移民だったなあ。今のイスラエルには欠けている礼儀やマナーを持ち、コツコツ黙って奉仕型。そんなの若きロシアン移民パワーはちょっと中だるみがちなイスラエルには大きなプラス。

なんてことを、昨日ザグレブのアリさんマークの引っ越し屋さん(Mrav)のオニーサンたち、ジュースを飲みながらよっこらしょと座ってしまうのを見ていて、ふと思い出したのだった。でも彼らは彼らで荷運びを手際よくこなしてくれたので、この国にも「働く人」がいるってことを再確認、ありがとう。こう言うと働く人がいない国なのかと思うかもしれないが、「遅い」というよりイイカゲンなのかだらしないのか。6月にはじめ、10日でできると言われたうちのバスルームも、なんのなんの、実は入居した今もシャワーのガラス戸が着いていない。この3週間ほど「あー、明日か明後日にはつけますよ」そう、返事だけはいいのだ。そしてキッチンの改装も棚の色サンプルを明日持って来ますと言ったのはもう2〜3週間前だろうか。できないのなら明日は無理ですと言えないのだろうか。できないなんてつもりはなくても、口先の約束と実行力が伴わない。そして催促すれば笑顔で「明日中には」をくり返されるか、「なんて押しがキツいんだ」と、まさに角のカフェで珈琲をすすりながらお茶を濁される、果てしなく続くぬか喜びにがまん大会。だからもうキッチンの改装が始まる、終える、を待たずにとにかく入居することにした。待っていたら今年中に入れるとはもう思えない。

これまでのアジア、中東、欧州、北米人生からある程度正しいと思っていたこと、あたり前だと思っていたこと、おかしいと思っていたこと、自分の中のいろいろな感覚や価値観がここでガラガラと無惨にも崩されていくような、新たなトランジットではあるものの、それが上昇ではなく下降しているってこと、ここに住むことは妥協なんてかっこいいものじゃなくどこかため息の止まらない諦めに近い、なんとも言えない心地悪さ。エルサレムを出る時に悩んだ原因のひとつはそういうことだったが、これも自分の決断だからどうにかすべてプラスになると思いたい、儚い希望は捨てられない。

はなし変わって実家の金沢。実家から100メートルあるかないかの浅野川が溢れ大変なことになっているよう。兄のブログで見た何枚かの写真。幸い実家はそれほど被害はないらしいがうちの近所一帯水びたし。ほんの数日前の母の「今年の梅雨は二日ぐらいしか雨が降らなかった」。良寛さんじゃないけれど、何事にも時節あり。やはり降る時には降ってもらわないとこういうことになるのか。雪に雨に猛暑にと金沢も自然環境の厳しい街。子供のころに父が「昔、大雨で水害が起きたことがあってね、裏の墓場が泥に埋まってそりゃあ大変だった」と言っていたのを思い出した。兄の息子もいつの日か大人になったら「パパが子供のころに大雨で裏の浅野川が溢れてね、」と彼の子供たちに語るのかな。

ザグレブにも川はある。長く大きな川。北のスロヴェニアからクロアチアを通り抜け、ボスニア、そしてセルビアへと国や民族を越えて流れる。だけどザグレブはとなりの国ハンガリーのブタペストやベネチア、フィレンツェのように川に栄えた街ではない。サヴァ川は誰にも見向きもされないように、ザグレブの郊外を流れていく。

広告
カテゴリー: 月と太陽の傾き

let’s begin

新しい家に移って来た。6ヶ月のあいだのなんとも言えないわだかまりの日々にようやく一区切り。左足の皮膚炎はますます悪化しているようで、じわじわ広がる赤い地図みたいだ。ひざ丈のスカートはちょっとはきづらい。

今週になってようやく雨もやんで、今日は目が痛いほどに暑い一日だった。だけど高天井の家の中は涼しくて、バルコニーの窓を大きく開けると風が、ああ、気持ちよかった。家はまだまだ箱の小山があちこち。まあゆっくり片付けましょう、とはいえ、6ヶ月ぶりにふつうの居住空間やバスタブのある生活。夜、バスタブに湯をはって体を沈める。ほーーーーっ。お湯の中であし指くんたちをゆっくり何度も丁寧に洗う。土踏まずもかかともゴシゴシこする。この瞬間をどれほど待ち望んだことやら。

くーしとたんたんにはとっても長い一日だった。朝9時半にお迎えが来て、新しい家に向かった。車の中では一言もなかなかったよ。そして着いた見知らぬ初めての家では、一時間ほどドキドキしてたみたいだけど、夜にはたんたんは床に置いてあげた綿棒でいつものようにバトントワラー遊び。クルクル、空中ポーン!キャッチ!お見事。くーしはもう裏庭で遊べないってことに気がついてか、ずっと悲しい顔だった。ごめんね。わたしも仲良しになった草木と別れるのは辛かったよ。だけど、あんなに毎日喜んでた君たちをもうあそこで遊ばせてあげられないのは、もっともっともっともっと、辛い。胸がぎゅーっと痛い。ごめん。またきっと、きっと、外で遊べる環境をなんとか作ってあげるから。それまでちょっとの我慢だよ。

今日も一日、どうもありがとう。

カテゴリー: 月と太陽の傾き

充電

クロアチアもそろそろ夏休みに突入です。
京都の祇園祭も始まったしね、
わたしも旅に出ます。
夏休みします。
もちろん、なごみ—ズも連れて行きますよ。

ザグレブに戻るまでネットは離れます。
シゴトもブログもお休み、
メールチェックも一切しませんので、
メールは送らないでください。
お願いします。(読みませんので)

そういう時間も作らないとねー。
それではみなさんもよい夏を。

おまけ。
昨夜、近所の公園内のライブハウスで聴いたジプシーの演奏。
「ジプシー音楽 in Zagreb」
好きだなあー、こういうの。
熱気が伝わって来ますよ。

カテゴリー: くーし&たんたん

なごみ—ズと裏庭ジャングルで

チョイワルたんたん。裏庭ジャングルのクイーンにてございます。

あら、なにかしら?・・・あ、鳥よっ!

あ、ほんまや! 鳥やんっ!

voice mail 09を録音したあとにこれじゃあいかんと、うちのなごみ—ズと遊ばない手はない。裏庭ジャングル、ちょいと人間も枝葉をかきわけ、二猫のお気に入りのジャングルドームへおじゃま虫。思ったよりガラスの破片いっぱい、ヤブ蚊いっぱい、湿気いっぱい。こんなとこにガラス捨てよって〜、けがしたらどーすんの?!危ないやん!キブンはほとんど公園清掃ボランティアのおかんですよ。まだまだ明るい夕方5時から日が暮れる9時過ぎまで、くーし&たんたんも思う存分、野の動物らしく駆け回り、世話人も未踏ジャングルに道をつけたり彼らの秘密の抜け道のあとを追ったり。ちょっと子供のころ、鳴滝で遊んだころを思い出し、久しぶりに楽しかった。ジャングルの野いちごが色をつけそうな感じ。いいじゃーん。さー、今週もあと残り半分。

おまけ。

K: ねー、これ見てー。たんたんがー。
T: ほっといてー。もう動かれへん・・・。zzzz……。

帰宅するや否や飲み干した水のボールを枕にたんたん、ボトルを抱えた酔っぱらいオヤジのごとく、すっかり力つきたのでした。(笑)

カテゴリー: 勝手にレシピ備忘録

切ない、酸っぱいくら丼、無理矢理れーめん

どうも足のスネの皮膚炎が真っ赤っかでボロボロ、過去最悪状態にまで陥ったので、ついに我慢できず病院に行って来ました。ちなみにわたしは病院がキライです。病院というよりも、外科以外では西洋医学があまり好きではない。漢方や鍼灸、そういうものにヒジョーに興味がある。

などとうんちく言っていても埒があかないここは、東欧の片田舎ザグレブ。トラムに揺られ門をくぐれば70年代かと思うような簡素な病院。1930年代とか戦前の建物じゃなかっただけ喜ばねば。しかし中に入ると、あー、よかった、ちゃんと現代の空間でしたヨ、個人クリニック。「神経性皮膚炎です」といちおう病名と処方箋をもらい、受付で診療代をはらうと、

「これ、プレゼントですー、イスラエルの死海の塩ですよー、ソルトバスにどーぞー、うちの診察室の医療機器もすべてイスラエルからですよー」。

確かに、イスラエルの医療機器や器具は世界でもトップをゆく。イスラエルで仕事していた会社も医療系の翻訳なんかがメインの一つでもあったしね。そうかー、死海の塩はこうして無くなっていくのかー。実はこれも限りある資源なんてのは、あり難く頂いたプレゼントからは全く見えてこない。ぜひお見せしたい死海の塩くみ上げ工場の写真があるのですが、こんなものを見せていいのかと、なんとなく気が引けて出しそびれておりますですよ。

「すっごくストレスってますか?」と診察室でドクターに聞かれ、
「ええ・・・・、むーーーっちゃ、ストレスってますヨ」と答え、
「乳製品と揚げ物はだめですよー。ストレスを発散させるようにねー、
 診断と薬は出すけど、治癒は自己責任ですよー」と釘を刺され、

ストレス発散には和食!ですが、しつこいほどにここは東欧の端くれ。「和食」なんてキーワードだけでももうストレスですがな。しょうがないので、昨夜は「無理矢理れーめん」です。麺はパスタの一種で、まあこれがそこそこ麺の代用してくれます。キュウリは皮が濃く固いので(ほとんどズッキーニ・・・)皮を剥いて、焼き卵を細切りにし、リンゴ酢とお醤油、しょうが、ねぎ、ごま油はなし(高いから〜)、海苔。色合いもトッピングもちと寂しいのー。そして今日のお昼は鍋でごはんを炊いて、先日の酸っぱいIkuraを乗せてみる。うむっ、美味しいのかそうでないのか、もう文句など言わずにプツっ、プツっ、Ikuraを噛みしめる。

“切ない、酸っぱいくら丼、無理矢理れーめん” の続きを読む