カテゴリー: イスラエル, 不思議のクロアチア

あれこれ

今日は天気が悪いのと、ちょっぴり風邪気味なのとで一日おとなしく家にいることにした。(ということは、ブログの更新が何件かまとめてある予感。笑)

「国境なき建築家集団 The Architecture Sans Frontieres 」という団体に所属している知人の息子くん。若き建築家である。その彼が近々ワークショップに出席するために大阪に行くというので、お茶をした。なんのワークショップかと聞いてみたら、ブラック地区を新しい建築によって改良しよう、といったものだという。なんだ、ブラック地区って?と一瞬「?」状態だったのだが、ああ、部落のことね。その次のわたしのリアクションは一言、「そりゃー、ムリでしょう」。

一時間ほど部落について、それにまつわる日本人の反応や日本人の行動パターンなどについていろいろと話あってみると、彼の生きてきた世界観からは想像を超える日本という国と人へのギャップに驚くとともに、少し現実的な視点も持ってくれたような感じだったのだが、わたしのほうはといえば、「そうね、なにも知らない外国人の視点でハッとさせれることや、意外な解決法が浮かんだり、進展したりすることもあるかもね」と変わった。

こういう発見、考え方って大切だと思った。

そしてその若き建築家くんにそれだったら建築家じゃなくて政治家になればと冗談半分で言ったのだが、「マ、ダイッ(冗談だろ)! 政治家なんてよほど腐った人間じゃなきゃならないよ!」わははっ、これまたお国柄がよく出た発言で。わたしのあたまにあったのは、そのまんま東知事(東国原氏ね)のような思わず応援したくなるような政治家もいるわけだから、ってことだったのだが、ここはタフなバルカンの国なのであった・・・。(笑) ちなみに東知事のブログはおもしろい。

先日テレビのニュースを見ていたら、おおっ、イランか?と思うような映像が流れてきた。なぜイランかと思ったかというと、イラクにしては緊張感がなさすぎて、黒いチャードルの女性やアラブ語で書かれたプラカードのようなものを掲げていたから。ン、まあ、ペルシア語でなくアラブ語である時点でイランとは言いがたいかもしれないが。さらには小学生ぐらいの子供たちが笑いながらそのプラカードを掲げ、メディアにアピール。お決まりの映像。

ふーん、と見ていると、ええっ???イ、イ、イスラエル???

わたしの知っているイスラエルとはまったく似ても似つかない風景であり、映像であった。そして、またまたお約束とおり、あちらとこちらを分ける「壁」が画面いっぱいに映し出された。いやはや、とんでもない国だ、とんでもない壁だ、とんでもない人たちだ、イスラエルって。そうとしか取れないように、ほとんど意図されたとしか思えない映像だ。以前も海外で、特にヨーロッパのニュースなどで映し出されるイスラエルの映像に驚愕したのだが、今回久しぶりに見てもやっぱり同じなのだった。はああーーーー。

さて、イスラエルの位置について。世界地図で見るとイスラエルは北アフリカのエジプト東部とアラビア半島の間、ちょっとした小さな隙間みたいなところに位置する。上を見ればレバノンがあり、その上をずずずいっと見て行くとトルコ、そしてヨーロッパが広がる。ちょっと見にくいけれど、世界地図での位置。

これまたあまりよい地図が見つからなかったので、とりあえずこれ。イスラエルの地図。


縦は車で8時間ほど、横はエルサレムとテルアヴィヴ間で45分と小さい国なのだが、首都はどこなのか。イスラエルはエルサレムを首都といい、パレスチナ自治区との関係で世界はそれを認めていない。だから、正式な首都があるようでないようで、微妙なところ。エルサレムはヨルダン寄りの標高800メートルの山頂(山という気はしないが)にあり、各国の大使館などがあり実質首都のような機能を持つビジネス都市のテル・アヴィヴは地中海に面している。

ちなみに、余談だが参考までに。

ものすごい初歩的かつ世界的な誤解なのだが、ウェストバンク、ヨルダン川西岸と一般的に呼ばれている地区のことだが、欧米や日本のナイーヴな感覚では、これをこの地図でも見られるように単にある限られた地区と認識している。しかしアラブまたはパレスチナ側のいうヨルダン川西岸とは、書いて字の如し、ヨルダン川の西側、つまりヨルダン川から地中海までのイスラエル全土を指している。同じ表現でも指している意味がまったくちがうのだ。

そしてクロアチアとの距離について。クロアチアはイタリアの反対側、ブーツのふくらはぎと地中海(アドリア海)をはさんだとことに位置する細長い国。イスラエルのテル・アヴィヴから夏場はチャーター便などの直行便が南クロアチアの陸の孤島、ドゥブロヴニク、とクロアチアの首都ザグレブまで出ているが、それ以外は直行便がない。ちょっと不便だがしょうがない。直行便だと北部のザグレブまで4時間、ちょうどよい距離(なにに?笑い)。

ヨーロッパでのクロアチアの位置。

クロアチア国内のかんたんな地図。

追記:ザグレブからスプリットまで新しい高速で4時間半ほど。以前は5時間半ほどだった。スプリットからドゥブロヴニクまでは車で5時間ちょい。電車はさらに時間がかかる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中