カテゴリー: 死海のお話

異国の死海の話

バスルームの石けんが切れてかけていた。クローゼットにずっと前に頂いた日本で販売している(日本とイスラエル企業合作)死海の泥ソープを見つけた。その石けんで手を洗いながら頭の中をこんなことが巡った。

自 宅で死海の泥パック・セラピーをしなくてはならないほどわたしの肌は荒れているわけでも、皮膚疾患があるわけでもない。死海の泥(または塩、ミネラル)入 りの石けんでなくてもまったくなんの問題はない。それでも、もし、死海の泥ソープなどを店頭で見かけたら、「肌がきれいになるのかな?」ぐらいの、ほんの 好奇心で買ってしまうかもしれない。素朴な疑問1:死海製品を同じようにほんの好奇心で購入する人々が世界でどれだけいるのだろう。

死海製 品の製造と販売は今やイスラエルはもとより日本、オーストラリア、など世界中でみられ、石けんからローション、ハンドクリーム、シャンプー、バスソルト、 エステ用泥パック、など様々な用途の製品に加工されているようだ。死海の深層部から採掘した塩など、日本でも簡単にネット販売で購入でき、どんどんと死海 製品は身近になりつつある感がある。インターネットで検索してみると、死海の塩や泥(クレイ)を使用した自宅での手作りソープなども人気のようだ。

イスラエルのベン・グリオン国際空港の免税店にも、イスラエルの土産品として様々なブランドの死海製品がずらりと並び、エルサレムのダウン・タウンにも死海製品の専門店が数軒ある。死海には観光バスが停まる直販店のようなものも建っている。

上 に挙げたような様々な製品に含まれる死海の塩、泥、硫黄。偽物ではないとすれば、素朴な疑問2:これだけ世界に出回るには一体、年間、いや毎日どれくらい の泥や塩(水)がくみ上げられているのだろう。死海への影響は微々たるものなのか、そうではないのか。そういうことがこれから先何十年と続いていけば、ど うなのだろう。手元の石けんのパッケージの成分表には、死海の泥、死海の塩、とだけが示され、何パーセントまたは何グラムなどの細かな表示は見あたらな い。イスラエル企業のものも今度調べてみよう。

さて、ここまで書いて改めて思ったのだが、身の回りをちょいと見回せばこういうことはきっと たくさんある。近所のスーパーなどで何気なく並んでいる遠い沖縄や北海道の物産など、昔はなかなか手に入らなかったものが、今ではボーダーレス、年がら年 中、消費者に手の届くところにある。そんなことを言うと、今の時代、身の回りの製品の 多かれ少なかれがそういうものかもしれないのだが・・・。こうして世界が小さくなった代わりに、その背景で失いつつあるものは何か。それは見たことも行っ たこともない、どこかの異国での話に限ったことではない。

*今週、イスラエルのテレビで死海の危機に関する番組がある。最近この手の死海番組がよく放送されている。

*死海関連リンク
Wikipedia 死海
Dead Sea Official Web
Dead Sea Works

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中