カテゴリー: 混沌の文化

中東アジアとルーシー・リュウ

前回の投稿を書いてから、ぽろりと使った「先進国」という意味はなんだろうなあ、と。先進国に対して後進国というのもあるわけで、シラミのコメントをたくさんいただいて、だったらシラミがいると先進国ではない?とか、いや、そういうことでもないな、とか、ぐるーんっとアタマの中を回ったわけです。

で、オンライン辞書では、

「先進国(せんしんこく)とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国のことを指す。後進国(現在では開発途上国又は発展途上国、途上国の方が一般的)に対して、先進国と呼ぶほか、先進工業国、富国、中進国、高所得国などとも呼ばれることがある。」

だそうです。

とどのつまり、あえてなくてもよい言葉なのでは?後進国というのもなんだか不思議な言葉です。つまり先進国というのは、文化や価値観などといった人の意識には関係なく、技術や開発面で優れ、それによってお金のある国ということでしょうか。技術開発「だけ」ならイスラエルもそう悪くはないですが。

もともと中東からの人たちのほかにもロシア、北南米、欧州各国、アフリカ、と世界各国からのユダヤ移民も多いメルティング・ポットなイスラエル。そのイスラエル人二世、三世によく「君はアジア人だし」と言われることがある。「そういうイスラエルも位置的にはアジアでないの?」と、聞き返すと「・・・そんなアホな!」と返ってくる。「だって、ヨーロッパでもなくアフリカでもなく、中東は立派なアジアやん?欧州から見て日本が極東アジアなら、ここは中東アジアでしょう?」「ち、ち、ちがう、アジアじゃない・・・中東だ・・・」 いや、だから・・・。アジアだと恥ずかしいのかな?

ですが、近所に住むシカゴとロシア出身の女友達ふたりは「アジアの女性っていいよね~、きれいよね~、ほほ骨が高くって、スレンダーよね~、うらやましいな~。ほら、ルーシー・リュウとか!」・・・だって。ん、まあ、好みの問題ですが、ルーシー・リュウねえ・・・。どこか片桐はいりに似てるような似てないような。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中