カテゴリー: 心と精神の浄化

深い森から見える海

なぜかしら仕事がいっこうにはかどらず、心はあちらこちらと彷徨うばかり。なにか限りなく透明なものを見たくて仕方がない。きっと心が少しくすんでいるのかもしれない。

この近くで「透明なもの」、死海かなと思うものの、バスに乗っていくのもなぜか面倒くさい。モーティベーションも低いなあ。そうだそうだ、去年行ったときにもって帰ってきた死海の水を詰めたペットボトルが、ドアストッパーのかわりになっている。小さなガラス瓶にその死海の水を入れて、紫色の紐でとめた翡翠の輪をかけてみた。少し気分は透明になったかな?・・・なってない・・・。スランプかな?と思うもの、スランプといえるほど普段は生産的なのかと、自問自答してみる。

かなえたい夢のひとつは、いつか水のそばに住むこと。すーっと広く、まわりになにもない海を見ながら一日を終えたい。仕事部屋は当然、海に面している。だけど、もっとよく考えたら、広い海ではなくて、まわりが囲まれた静かな森の奥がいい。そこの仕事部屋から海が見えればそれに越したことはないけど。広い海と深い森、影響と作用する脳と心の部分がどうもちがうような気がする。

秋ですかねえ。どこか心が空回りしているようなエルサレムの日々。イスラエルの乾いたオリーブ色の山ではなく、どこかの深い森で葉っぱをガサガサさせながら歩きたい。

(ということで、しばらく画面のスキンの色が落ち着きません。スキンを濃い色にすると写真は映えますが、文字が読みづらいし、なんといっても書きにくい。うーん・・・。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中