カテゴリー: ユダヤの食卓, ユダヤの暦

チキンスープと秋

ご心配をおかけしましたが、ぼちぼちアタマも働くようになりつつあります。今回のウィルスはしんどかったぁ・・・。疲れ気味のこともあって、長引いてしまいました。ウィルスもどんどん進化するので、困ったものですね。春も、ヨーロッパから帰ってすぐにマハネ・イェフダの市場へ買い物に行ったら、即効で何かもらって来ました。その後、数日は気分がすぐれなかった。エルサレムは雑菌が多すぎるのでしょうか。

さて、ユダヤの新年。今年は安息日と重なりました。ショファーも安息日だと吹いてはいけないので、静かな新年でした。新年がやってくると、やはり秋も近くなりつつあるエルサレムです。夜は寒いので、毛糸の靴下。でも昼間はまだ灼熱してますが。そしてこのあとは、一年に一度の贖いの日がやってきて、それから仮庵の祭り。それが10月の終わりごろでしょうか。そうなると雨が降り始めます。これからの一ヶ月は、イスラエルへ旅行するにはちょうどいい季節ですね。

休養中と新年の間に、いろーいろと人生の方向について考えることがあって、まあ、西暦の2006年は、自分にとっては考える年なのでしょう。今年の答えは来年だなあ、きっと。それはそれでよし。物事にはすべてそれにあったタイミングがあるわけですから。と、「オーラの泉」という番組をYouTubeで見ていて、なんておもしろいんだと思ったここ数日です。東京に住む私のいとこは全部丸見え&すごい体験の数々で、美輪さんやら江原さんやら、ああ、そういう方たちってやっぱりいるんやなあ、へー、と。

で、以前お世話になったチベット仏教学の長尾先生が、去年98歳で亡くなられたのですが、「現世ではもう間に合わないから、来世でしてみよう」と笑いながらおっしゃっていたことなどなどを「オーラの泉」を見ながら思い出したり。先生のような悟られた方でももしまた輪廻するなら、今はどこにいらっしゃるのでしょうか。またどこかでお目にかかれることを願わずにはいられません。と、こういう輪廻という観念はユダヤにはないので、ユダヤの友人たちに話したところでピンとこない。なぜかしら、自分の中では、秋から冬にかけては仏教的な感覚が強くなります。不思議ですね。

と、とりとめもなく書いてしまいました。で、書きついでにもうひとつ。休養中に友人が訪ねて来たのですが、「高熱で気分悪いから・・・」「えー?!なんか作ってあげるよ!ダブルめだまやき?!サラダ?!」うーん・・・・、めだまやきなんてそんな濃いものはいらん・・・、サラダは体が冷えそう&消化に悪い・・・。この感覚の違いっておもしろいなあ。で、結局、自分で作ったのが、手羽先のチキンスープ!わはは・・・。これも、日本では、病気のときの食べ物ではないですね。ユダヤの家庭だと、病気のとき=チキンスープ。でも意外といいんですよ、これが。すーっと体に沁みるし、栄養もあるし。と、これはかなりユダヤな影響部分ですね。

ということで、ぼちぼち再開していきます。またよろしく。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中