カテゴリー: 心と精神の浄化

舌の持つパワー

こんなユダヤの話を旧ブログに載せたことがあります。もう一度、自分にの心にしっかりと留めるために、ここに記しておきます。

ホフェツ・ハイムという偉いラビがいました。トーラー(旧約聖書)を一筋に学んでいたホフェツ・ハイムは俗世のことはあまり知りませんでした。ある時、ある人がホフェツ・ハイムに言いました。

「ラビ、あなたは劇場に行ったことがありますか?」

「劇場?それはなんですか?」

「これはこれは!劇場をご存じないと?劇場ではたくさんの観客が集まってステージで行われる劇を見るのですよ」

「ほー!どれくらいの観客が集まるのですか?」

「そうですね、200人ぐらいは集まりますよ」

「ほー!それで、その200人の観客は劇場では何をするのです?」

「ラビ、それは劇場ですから、劇を見るのです」

「ただ劇を見るだけですか?」

「そうですよ」

「ほー!劇を見るだけ・・・。その間、観客の誰もが話しをしないのですか?」

「ラビ、そりゃあそうですよ。じっと2時間ほどステージの劇を見るのですから!」

「ほー!!!それはいいことだ!人々にもっと劇場に行くことをお奨めしなさい!」

「ラビ、なぜですか?」

「だって、2時間もの間、誰も人の噂をしないなんて、すばらしいことです!」

「飛び散った羽毛のごとく」

男はいつものようにとある人について陰口や噂話をしていました。

でもある時、男はその人についてまったく思い違いしていたことに気が付いたのです。

そこで男は白いひげのラビ(ユダヤ教の教師のことです)を訪ねて行き、その人に今まで言ったことについて謝りたいが、一体どうしたらよいかと尋ねました。

ラビは言いました。

「この羽毛入りの枕を持って市場へ行きましょう。」

男は何がなんだかわかりませんでしたが、ラビに言われるままに枕を持ってラビと一緒に市場へ行きました。

男はラビに尋ねます。

「さて、ラビ。市場に着きましたが、それと私の質問とどう関係があるのですか?」

ラビは男に言います。

「ではここで、この枕を破って中の羽毛を全部取り出してみなさい。」

男は言われるままに枕の中身を取り出しました。すると瞬く間に羽毛は風に乗ってあたり一面に散らばり、あちらこちらへ飛んで行ってしまいました。

ラビは男に言います。

「では今度は、この羽毛をすべて元のように集めてごらんなさい。」

男は答えます。

「ラビよ、それは絶対に無理です。もう探しようがないくらいに、あっちこっちに散らばってしまいました。」

ラビは男に言います。

「その通り。そしてそれはあなたのしたことと同じではありませんか。散らばった羽毛も、もう発してしまった言葉も、いくら謝っても元に戻すことはできない。あなたは言葉を発する前によく考えるべきでした。」

男は自分のした事の重大さに頭をうなだれました。

ユダヤでは、例えそれが真実であったとしても良い噂話であっても、「人の噂話をすること」や「他人についてあれこれ話すこと」は非常に避けなければならないとしています。

十戒には、「汝殺すことなかれ」と書かれています。タルムードと呼ばれるユダヤの経典では、人前で他人を罵ったりおとしめたり、他人を辱めることは、その人を殺すのと同じに値すると説かれています。人に精神的な苦しみを与えることはそれほど大変な過ちなのだと。そして人を殺した後でいくら反省しても、その人は生き返りはしません。元に戻らぬ、散らばった羽毛と同じように。人は言葉の持つ力を知らなければならない。

また旧・新約聖書では「自分自身を愛するように隣人を愛しなさい」と書かれています。つまり、自分にされて嫌なことは人にはしてはいけないということ。「そんなことは当たり前じゃないか?!」と思っていても、ついつい自分かわいさに忘れてしまいがちなことです。何事も行動するにあたって、まず自分がその人の立場に置かれた時のことを思い描いてみる。すると一つ一つの行い、言葉、はおのずから労わりや思いやりを含むのではないでしょうか。

人は自分のなりたい人になれるのだから。自分は自分の生産物。他の誰のせいでもない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中