カテゴリー: 心と精神の浄化

Over the Rainbow

テル・アヴィヴに行く途中の朝、バスの中から虹を見ました。薄暗い雨のイスラエル。田園風景が広がる中に、すーっと七色の虹が雨雲の中へ伸びていました。

虹はノアと神との契約の印。創世記の一話には、ノアの箱舟の話が書かれています。ノアの時代はモラルが欠落した社会で、神はそのような生き物である「人」を創造してしまったことを後悔し、洪水を起こし、それまでの人の犯した過ちと愚かさをすべて洗い流した。そんな世界で選ばれたのは、そのような愚かな社会に流されず、自分の信じる道を生きていたノアだった。

洪水の後、「再び大洪水によってこの世を滅ぼすことはない」と神はノアとその子孫に約束をし、虹をその印としました。虹を見るとそのことを思い出します。社会の風潮に流されずに、マイノリティーであっても自分に正直に生きたい。そして、暗い雨雲の中にも虹を見ることができるなら、人生の雨降りの日々にも、どこかできっと虹を見ることができると信じたい。

ユダヤの祈りのひとつに、虹を見た時の祈りがあります。            
         

                  
←右から読みます

ברוך אתה יהוה אלהנו מלך העולם
זוכר הברית ונאמן ננריתו וקים במאמר

ちなみに、昨日は、国の決めた5月のホロコースト記念日とは別のラビニカルなホロコースト記念日でした。エルサレムにある、世界で一番大きなホロコースト博物館ヤド・ヴァシェムも、去年の夏だったかにリニューアルしたので、一度足を運ばねばと思いつつもお気軽にひょいっと行きたい場所でもなく。いろいろな思いもあって、ズラズラと伸ばし伸ばしになっています。忘れてはならないことがいっぱいある・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中