カテゴリー: 混沌の文化

カツラ論争

オーソドックス・ユダヤの既婚女性は頭部を覆うのですが、一般的には、スカーフや帽子、カツラなどを着用。今年のいつだったかに、オーソドックス・ユダヤ界で「カツラ論争」なるものが起きたのですが、オーソドックス・ユダヤの妻たちのかぶるカツラに使用されている毛に、インドなどでヒンズー教などの神々に捧げるために切られた髪が使用されていたことがその原因。その毛がユダヤの偶像崇拝禁止法云々にひっかかり、カツラ一般について認めるか認めないかの論争となった。それからしばらくの間、メア・シェアリムなど、オーソドックス界ではカツラはタブーだったのだが、やはり女性が「美しくありたい」と思うのを抑えるのは、ラビであっても一筋縄ではいかないらしい。それ以来・・・か、どうかは知らないけれど、現在のカツラには偶像崇拝に使われていない毛を使用していることを示すように、カシェル認定が付いている。

先日、久しぶりに時間が取れたので、オーソドックス・ユダヤの街メア・シェアリムにハヌカの祝いに使うハヌキヤという、ろうそく立てを物色しに行ってきた。そこで、なんとなんと、在エルサレム・ン年にして、ようやくはじめて「カツラ」屋さんを発見!おおー、こんなところにあったのか~、と、ビルの奥にひっそりとある店の前をウロウロ。やはり店内に入るにはちと勇気がいる。ましてや、はじめから買うつもりなどないから、冷やかしのような気がしてなおさら気が引ける。で、ふ~ん?と誰もいない店内を覗いていると、青い澄んだ瞳に、きれいなカツラをかぶったオネエサン(といっても人の妻)が、「さあさあ、入ってください!」と、ニッコリほほ笑み、客引き。「いや~、買うつもりありませんから・・・こういう店は入ったことないので・・・」「いいんですよ~、お客さん、カツラははじめて?うふっ」なんだか微妙に変な会話だ・・・。

そして、めでたくカツラ初体験となり、調子に乗って4つほども取替えひっかえかぶってみた。カツラだから、かぶってしまえば髪型は常にパーフェクト。ひょっとしたら、意外とカツラって便利?いいのではないか?・・・なんて思えてきた。さらに調子に乗って、「金髪っぽいのって、ある?」と、かぶってみると、思いっきりイマドキっぽい顔になった自分にびっくり。そこで、オネエサン、「こんなのもあるわよ」と、箱から出したるは、カールしたレイヤーの入ったロングのカツラ。早速かぶってみる。うわ、うちのおかんの若い頃そっくり・・・・。いやや~!!!と、外そうとするものの、「いいえ、コレが一番ピッタリよ!似合ってます!」とオネエサン。「え~?そうかなあ?・・・うーん、まあね・・・おかんと思わなければ、そう悪くもないかも・・・ふ~ん、あれ、意外といけるかも???写真、撮ってもいい?」と、おもしろいもので、自分の中にあるフィルターを通してみる自分と、そのフィルターなしで他人が見る自分の差に気がついた。なるほどねえ。で、ちなみにおいくらよ?と聞いてみたら

「50$まけてあげますよ、850$でどう?ベネイ・ブラクからカスタマー・メイドなのよ。しかもちゃんとカシェルよ。ヨーロッパの人の毛よ。お徳でしょ?初回のシャンプーとセットもサービスしちゃう!」

高すぎますて・・・。

「で、オネエサンは、カツラ、いくつもってるの?」

「ワタシ?4つ!でもねえ、もう一つ買おうかなと思っているところ。だって、短いのも長い目のも、普段用も結婚式などのお出かけ用もいるもの」

・・・うーむ、ひげもじゃの夫さんよ、大変でんなあ・・・。

そんなこんなで、遊んでいると、スカーフをかぶったイスラームな若奥さんが夫ギミといらっしゃった。「おや???メア・シェアリムのど真ん中で?ムスリム???そりゃ、珍しい・・・・んんん???ひょっとして、こっそりお腹に爆弾巻きつけてるとか???」なんて、よからぬことなどを思っていると、若奥さんがスカーフを取って、肩ぐらいまである栗色のレイヤーのカツラをかぶった。

「え?ムスリムもカツラでいいの???」

「うん」

知らなかった・・・。

ムスリムが、メア・シェアリムのカツラ屋に現れたことにも驚いたが、スカーフでなくカツラでもOKというのがよくわからない。東エルサレムや旧市街で見かけたこともないけれど、単にカツラ・ムスリムが存在するということを知らなかったので、気が付かなかっただけかもしれない。そこで、テヘラン大学で教鞭をとられているイスラーム研究者のサラさんに、このことについて現在お伺い中。

追記:イランのテヘランで教鞭をとられているサラさんからのメールでは、明らかに自分の地毛でないとわかるカツラであればよいのではないか、ということでした。しかし、カツラがOKかは、やはり夫の考えによって、ということだそう。なるほど。ユダヤでも同じように、自分の毛で作ったカツラはダメですが、他人の髪で作ったカツラならばOK。が、しかしまあ、コレにも色々と論議はありますが・・・、今は触れないでおきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中