カテゴリー: 心と精神の浄化

コップに半分の水

もう12月もそこまで、西暦での一年の終わりも近づきつつあります。昨日のエルサレムの安息日はとても温かく、まるで初秋のような一日で、Tシャツ一枚で自宅近くの大きな公園に散歩に行きました。久しぶりに松や杉、オリーブの木々の自然の中を歩き回りましたが、どこかしらオーソドックス・ユダヤの帽子姿を想わせるようなどんぐりらしき実やオリーブの実が土の上に落ち、年明けには花が咲くシクラメンの茎が岩の間から顔を出しはじめていました。いつまでも温かいとはいえ、自然は確実に冬に向かっているのですね。一年が過ぎるのがとても早く感じます。

ユダヤ暦の一年では、トーラー(旧約聖書のモーシェの5書)を毎週安息日ごとに分けて朗読してゆきます。トーラーの各週の部分をパラシャといいますが、なぜユダヤは毎週毎週トーラーのパラシャを繰り返し繰り返し、永遠に読み続けてゆくのか。

ユダヤの人々が、昔々の物語でも歴史書でもないそのトーラーを繰り返し読み続けているのは、そこに書かれている教えを常に自分の生き方に取り入れてゆくことにあります。トーラーを正確に読んでみると現代の私たちの生活の出来事と重ねることができ、そこから学ぶことが非常に多く、毎週その週のトーラーのパラシャを読むことによって様々な角度から自分たちの行動や思考を見直してゆきます。

今週のパラシャは、創世記23章1節-25章18節のサラの生涯についてです。サラの生涯は決して希望に満ちた楽しく愉快な一生ではなく、エジプトのファラオに人質にされたり長い間子宝にも授からず、辛い題材の多い人生でした。この電脳空間寺小屋メンバーのイツホックに教えてもらったあるラビのこのパラシャの解釈は、「サラはそれらをポジティヴに受け止め、精神的に向上する選択をした。そして人生で起きたすべてのことがよいことだったと言える人に成長し、127歳、その生涯の幕は下りた」というものでした。

生きてゆく上では色々なことが起きます。常にうれしいことばかりではなく、不条理なことや、悲しい出来事もたくさん起こります。しかし、それをどう理解し受け止めるかは自分次第ではないのか。何か予期せぬことが起こった時に、それを否定的に受け止める選択をして嘆いていると、否定的な思考パターンから逃れにくくなってしまう。しかし、そうではなくそこから何かを学びポジティヴに展開して行くのもまた自己の選択であると。

コップに半分入った水。「たった半分しかない」と嘆くのか、「まだ半分もあるじゃないか」と感謝するのか。「コップに半分水が入っている」と言うことだけが事実であって、そこからの展開は自己の責任でしかない。

人生とは、起きた事実は10%であり、残りの90%は自分の受け止め方である (ラビ ヤコブ・ウェインバーグ)

人生での出来事をポジティヴに受け止め展開することから、人は成長してゆくのだと思うのです。

カテゴリー: ユダヤの食卓

安息日(シャバット)の食卓・ゲフィルテ・フィッシュ!

ユダヤの世界では、毎週金曜の日没と共に安息日が訪れます。

エルサレムでは、安息日のはじまる40分前になると大きなサイレンが街中に鳴り響き、人々は安息日と日常の区別をする準備の最終段階に入ります。ダティイムと呼ばれる宗教的なユダヤの人々は安息日には火を焚くことをせず、安息日の食事の準備はすべて金曜の日没前までに終わらせてしまいます。安息日には火を焚かないこと以外にもたくさんの「しないこと」がありますが、それはまた別の機会にでも。

安息日の食卓のスターターとして欠かせないのがゲフィルテ・フィッシュ(Gefilte Fish)。Gefilte はイディッシュ語の詰めると言う言葉で(ドイツ語ではgefüllte)、アシュケナジー系のユダヤ安息日の食卓はこれがなければはじまらない!のだな。

一般的にユダヤでは迷信は信じられていませんが、特にスファラディー系に信じられている迷信でアイン・ハラ(邪視)というものがあります。日本語で言えば、誰かの嫉妬などから人に悪いことが起きるということでしょうか。スファラディー系ユダヤは何かとアイン・ハラを気にしては、ガラス製の目玉の飾り物や手のひらに目玉を模ったハムさなど店先やタクシーのバックミラーなどに吊るしたりしますが、魚はそのアイン・ハラ(邪視)を避けるシンボル的存在。魚は水の中の生き物ですから、水によってそのアイン・ハラ(邪視)が遮られることになるのだそうです。そういった意味合いからロッシュ・ハシャナ(9月頃にやってくるユダヤの新年)には伝統に基づいて魚が食べられますし、安息日の食卓には必ずはじめに魚料理が出てきます。その魚料理ナンバーワン的存在がゲフィルテ・フィッシュ。

このゲフィルテ・フィッシュは主に鯉またはカワカマスで作りますが、その昔、ポーランドドイツなどヨーロッパ内地の人にとって魚はあまり簡単に手に入る食材ではなく、安息日に 食べる魚としてはこれらの魚が使われたのではないかな。個人的には今ひとつ鯉の顔とあのこげ茶色が好きではないので、簡単に魚の手に入る現在ならば他の白 身魚でもいいのではないかなと。しかし仮にもこれは伝統料理なので、やはりそうそう変えるわけにはいかないのでしょう。木曜日の晩や金曜日の午前中、エルサレムのマハネ・イェフダ市場を歩くと、魚屋には鯉がまだ活きたままパクパク状態で売られています。安息日用にゲフィルテ・フィッシュを作るためにその口パク鯉を買うユダヤのおばちゃんたち。魚屋のおっちゃんは口パクパクの鯉の頭をガンガンガン!っと叩いて止めを刺して袋に詰めます・・・かなりグロテスクな絵柄。

ゲフィルテ・フィッシュの簡単レシピ

鯉または白身魚のすり身

みじん切りのたまねぎ

パセリのみじん切り少々

つなぎの卵とマツァ粉少々

—————————-

これらを混ぜてハンバーグの元のようにする。

なべに湯を沸かし、そこに手で丸めて落とす。

この時に付け合せのにんじんを一緒に茹でる。

30分から1時間ほど煮込み、冷やす。

冷たくして食べる前にスライスにしてもよし、そのままでもよし。付け合せに一緒に茹でたにんじんスライスと、西洋わさびやなどなど。お味の方は、そのまんま、魚のつみれそのもの。上品に言えば懐石料理の前菜にもなりそう、庶民的ならおでんに入れたらいいような。日本人にもあっさりと食べやすい味ですね。

追記:そうそう、今、カシェルと魚関係で思い出しました。色々な代表的な日本語ユダヤ関係HPなどでもカシェルについて書かれていますが、やっぱりちゃいますなあ。鯛の活け造りや親子丼がダメーと書かれていますが、ありゃあ、間違いです。鯛の活け造り、白魚の踊り食いなどもOKですし、親子丼もOK。ああ、これもまた改めてカシェルの話の時にまとめておいたほうがいい題材かな。