カテゴリー: ユダヤ雑学

レイチェルは「雌の羊」 

日本の人の名にはたいていの場合それぞれ意味がありますが、外国の人の名はどうでしょうか。現在の一般的な欧米の名前では、意味を持たない名、または単なる響きであることが多いのですが、それらの名の語源をたどれば、旧約聖書に登場するヘブライ語に基づく名が数多くある。

旧約聖書に登場する名は、その人の元々の名というよりも、旧約聖書の各エピソードの役柄に応じて名が付けられていて、旧約聖書を知らずに名の意味だけを読むとかなり意味不明のことも。

例えば、ヤコブ(英語圏ではジェイコブまたはジェームス)という名には、「かかと」と「要領よく人の裏をかいてゆく」という意味があり、これはヤコブが生まれた時に双子のエサウのかかとをつかんで生まれてきたことから「かかと」という名に。そしてもう一つの「要領よく裏をかく人」という意味は、ヤコブは一家の柱として子供たちの父として日常的に生活してゆくには要領よく生きてゆかねばならなかったため、ヤコブとは「かかと」のほかに「要領よく裏をかく人」という意味となったわけ。

そののち、ヤコブは神によって「イスラエル」と改名するが、「イスラエル」は一国の名でもあり、またユダヤの民の名。「イスラエル」とは、神に向かって戦う人という意味で、これは神に反感して戦う意味ではなく、神と対話するという意味において戦う人という意味。そこで旧約聖書では、ヤコブは家庭人として登場する時にはヤコブと呼ばれ、民の長としての場合はイスラエルと呼ばれています。

では、男性の名前からスタート!名前の横の( )内は同じ名前の英語読みです(*ちなみに、名前の意味はユダヤの旧約聖書学からの解釈ですので、現代ヘブライ語だけを知っている人には「?」な部分もあるでしょう)。

名前     :   その意味と説明
↓             ↓
■アダム אדם :人(ヘブライ語では土をアダマと呼び、神はアダマから人を創った)
■アブラハム אברהם :国民の父(アブラハムの元々の名はアブラムであり、アブラハムとなることで、すべての父と言う意味になった)
■ノア נועה:休む、慰める(ノアの箱舟の話より。ノアの時代、洪水によって文明が途絶えたことから)
■アベル הבל :息を吐く(吐かれた息は消え、何も残らない。彼の後には何も残らないと言う意味)
■カイン קין :何かを完成する
■イツハック יצחק (アイザック) :笑う(神はすぐにサラが妊娠出産すると告げたが、100歳近い夫にはそれは無理だとサラが笑ったことから。イツハックはサラとアブラハムの息子)
■ヤコブ יעקב(ジェイコブ、ジェームス) :かかと (双子の兄弟のエサウのかかとをつかんで生まれたことから)、要領よく裏をかく人
■エサウ עשו :赤い (誕生時に全身が赤かった、行動が早く鼓動が早いことから)
■ヨセフ יוסף (ジョセフ) :彼は加わる(ラヘルの子供として加わったことから)
■モーシェ משה (モーゼス) :水から引き上げられた、生き残る (赤ちゃんの時にナイルの水から引きげられた、またはユダヤの民をエジプトから引き上げたことから)
■アロン אהרון :力の山
■サムエル שמואל(サミュエル) :神は聞いた(神がサムエルの母親ハナの願いを聞き、サムエルが生まれたことから)
■イェフダ יהודה :神に感謝する(母親のレアが神に感謝したことから。ヘブライ語ではユダヤはイェフディムと呼ばれますが、これは神に感謝するというこのイェフダという意味から)
■ベンヤミン בנימין (ベンジャミン) :右手の息子、南の息子 (南部のヘブライの民の長となったことから)
■ヨナタン יונתן(ジョナサン)  :神は与えた
■ダヴィデ דוד (ディヴィッド) :最愛の
■シュロモ שלמה(ソロモン)  :平和(シャロムから)
■ミハエル מיכאל (マイケル) :神に勝るものはいない(女性はミハル、ミッシェル)
■シモン שימון、 שמעון (サイモン) :聞く
■ダニエル דניאל :神は私の裁き
■ヨエル יואל (ジョエル、ジョー) :神は神である
■アリエル אריאל :神の獅子
■バラク ברק :雷 (過去のイスラエルの首相にいましたね)
■イェホシュア、ヨシュア יהושוע(ジョシュア) :神は救う、彼は救う
■イマニエル עמנואל(イマニュエル) :神は我々と共にいる

女性の名前です。

■ハヴァ חוה (イヴ) :命、生きる、息をする(すべての人の母であることから)
■サラ שרה (セーラ) :プリンセス(ラシの解釈からそう定義づけられている)
■ハナ חנה (アンナ) :神授の才、気品
■ミリアム מרים (マリア) :苦い
■ラヘル רחל(レイチェル) :雌羊
■リフカ רבקה (レベッカ) :罠(息子エサウを罠にかけたことから)
■レア לאה :疲れた、雌シカ、
■ミハル מיכל (ミッシェル) :神に勝るものはいない(男性はミハエル、マイケル)
■エステル אסתר(エスター) :星(元々はペルシャ語の言葉)、隠された
■ショシャナ שושנה :百合、バラ
■デボラ דבורה:蜂
■アビガエル אביגיל (アビゲール) :私の父は喜び
■ハダル הדר :貴重な、輝き
■マヤ מאיה  :水(マイムから)
■ナオミ נעמי :愛想のよい、愉快な、心地よい
■ティクヴァ תקווה :希望

最近のイスラエルの世俗社会では、ハナ、リフカ、エステル、ショシャナなど、女性の宗教的な名前は古臭く、年寄りの名前と笑われることもあるが、ユダヤの宗教社会ではこれらの名は今でもごく普通に新生児に付けられ、サラ・リフカ、デボラ・レアなど二つの名が付けられることも多い。その名にあやかるようにと、子に対する親の思いは国や宗教が異なっても同じなのでしょう。

女性とは反対に、世俗社会でも男性の名前はアブラハム、ヤコブ、アロン、モシェ、など旧約聖書の登場人物の名も多いが、宗教的でない名ではエレズ(レバノン杉)、リオー、リオール(光)、ギラッドなどの名前がよく見られる。

また、同じ名前でもスファラディー系、アシュケナジー系など系統によって呼び方が変化し、例えば「サラ」はスファラディー系ではサリット、アシュケナジー系イディッシュ語ではスリ、スーラとなる。余談ですが、トム・クルーズの長女の名はヘブライ語でスリちゃんと伝えられていますが、これはヘブライ語ではなくイディッシュ語でしょう。

男性の一般的な名「モシェ」も、スファラディー系ではそのままモシェですが、イディッシュ語ではイシー、モロッコ系などではモコーと「シ」に強調アクセントでドスコイっ!なイメージに変化。

と、まあこんなところでしょうか。

広告
カテゴリー: ユダヤ雑学

曖昧なユダヤ人 

「ユダヤ人」ってなんぞなもし?誰ぞなもし?

電脳空間であれ実空間であれ、あっちこっちで「ユダヤ人」の定義づけに遭遇。それも圧倒的に「?」な解釈が日本では非常に多い。黒い服のユダヤのひとりも見たことのない極東の、アジアの片隅では限りなく頓珍漢なユダヤ見聞があってもそれは仕方ない。

できちゃった結婚や援助交際などが取り立て騒がれることでもなくなった、モラルのすっかり変わってしまった現代社会。もはや妻の妊娠の相手が夫だとは限らず、婚前の娘のお腹に宿る子の父親が誰かなんてことも、DNA鑑定を用いれば明らかになるご時世。

しかしDNA鑑定などがまだなかったその昔、その子供の父親を確定することは非常に難しかった。しかし、母親は9ヶ月(日本では十月十日といわれますが、欧米では9ヶ月)の妊娠期間があるのだから、よほど何かがない限りその子供の母親が誰であるかは確定できたわけ。

ユダヤの場合もしかり、

母親がユダヤであるかどうかによって、その子供のユダヤ運命が決まるのです。ユダヤの母親から生まれた子は、父親が誰であれ、自動的にユダヤとなる。仮に母親がユダヤではなく父親のみがユダヤであれば、その間に生まれた子供はユダヤとはならない。父親のユダヤのルーツは、彼とその子供がユダヤのどの部族に属するかを表すもので、血統ユダヤとは関係がない。

 

そして、ユダヤに改宗した人もまたユダヤ。しかし、ユダヤの法で認められているユダヤへの改宗は、オーソドックス(正統派)による改宗のみ。その他の、コンサヴァティヴ(保守派)とリフォーム(改革派)の改宗は、ユダヤの法では正式な改宗とは認められずと、ユダヤ人ではないことになる。

例えば、大阪弁が微妙なアクション映画俳優で、合気道の達人であるスティーヴン・セガールがユダヤ人だという話を聞いたことがある。その昔、まだ無名だった頃のセガールは、現在大阪の十三(じゅうそう)で合気会系の道場を経営する日本人女性と婚姻関係にあった。仮に彼がユダヤだとすると、その女性が正統派による改宗をしていない限りは、彼女から生まれたセガールの子供たちはユダヤとは認められない。その反対に、「Sex and The City」でブレイクしたサラ・ジェシカ・パーカー嬢の場合は、彼女自身がユダヤなので、彼女から生まれてくる子供は父親に関係なくユダヤとなるわけ。

もうひとつは、仮にユダヤの母親がユダヤ以外の宗教に改宗した場合でも、その母親から生まれた子供はユダヤとなる。ユダヤの法では、ユダヤを捨てて他宗教を信じているユダヤも、事実上一生ユダヤであることには変わりはない。インドでマリファナとFree love & sexに溺れシャンティーシャンティー、ニューエイジ・仏教のOshoのサンニャシンとなり改名しようが、鐘の鳴り響く教会でじーざっさんもといイエスさんを崇めようが、ユダヤとして生まれた人はどう転んでも一生涯ユダヤ。

ただし、他宗教に改宗したユダヤは、ユダヤとしてユダヤ墓地には埋葬できないので、そのあたりは要注意。ユダヤ墓地に埋葬されるには、他宗教を捨ててふたたびユダヤに戻るしかない。

(BC450頃以前、つまりユダヤの第二神殿が建設されはじめた頃以前について、どのようにして誰がユダヤであるかを定めていたのかは、あまり明らかではない。ラビたちは歴史的に振り返っても常に母系で決められていたと主張するが、アカデミックな見解では、エズラの時代に母系ユダヤ説が定まったとする。)

「ユダヤは民族か宗教か?」

これもまた、よくどちらか片方だけに定義づけしよう、またはされていることが多い。ユダヤとは、民族と宗教のその両方だというのが一番的を得ている答えではないのかな。どちらか一つだけと断定するのにはあまりにも複雑すぎ、民族としての歴史とその宗教は切り離せない。実際にユダヤが宗教であると同時に民族として扱っている国々が、世界中に存在するのも事実。

イスラーム世界では抹消するに当たるらしい「世界で唯一のユダヤ教国家」であるイスラエル。このイスラエルでは、つい数年前までは携帯用の個人IDには民族・宗教欄が記入されていた。ユダヤの母親から生まれた子供のIDには当然イェフディ(ヘブライ語でユダヤという意味)と記入されていたのだが、現在では民族&宗教差別云々の理由によってか、携帯用のIDには「******」と*印で隠されている。